FC2ブログ

2019石巻公演 その3

8月21日
いよいよ、石巻での「イシノマキにいた時間」本番当日。

朝7時。石巻。
デッキで様子を見守る二人。

季節感3

ダウンジャケットと、半袖短パン。
季節感のない二人、おそらくどちらも不正解でしょう。




石巻港が近づいてきました。

入港8





いよいよ入港。
ここからは、写真家・鈴木省一さんが撮影された写真です。

入港3

石巻側から見るオーシャンドリーム号。



入港4

大漁旗を携え、待ち構える男の背中。


PB-0041.jpg

入港5−1

そして大漁旗によるダイナミックなお出迎え。




入港6

PB-0068.jpg

雄勝町伊達の黒船太鼓の圧倒的な律動。



PB-0048.jpg

壮大な歓迎に目を奪われます。




入港7

乗船の皆さんはツアーに参加したり、レンタカーを借りて1日石巻を巡ります。
見て、食べて、感じて、お土産だけじゃない何かを持って帰ってきてもらいたいです。





船内では、舞台の本番に向け大忙し。
東京から吉俣さんもご多忙の中、駆けつけてくださいました。
そしてついに本番。




舞台5

PB-0212.jpg

PB-0215.jpg

初めて観に来てくれた方、再び観に来てくれた方、前回の石巻公演や仙台公演の実行委員の方々、そしてあの頃一緒に活動していた方達など、500人を越す人たちが石巻で行われた「イシノマキにいた時間」を観に来てくださいました。

最後のスライドで映し出される写真のラスト9枚は写真家・鈴木省一さんが撮影した「今の石巻」です。
シゲさんのブログでも書かれていますので、ぜひ読んでみてください。
そのスライドと共に、吉俣さんが「添歩み(そゆみ)」を演奏してくださいました。
美しいピアノの調べにご自身の石巻への思いを乗せて。





舞台が終わると、別フロアで吉俣さんのミニリサイタルが行われました。
使用されるピアノは広島寄港時に乗せてきた「明子さんの被爆ピアノ」というものです。
広島の原爆で被爆し19歳でこの世を去った河本明子さんが愛用していたピアノは、調律師さんの手によって修復され、ピアノを通して原爆の体験を伝えていきたいと願う方達によって守られてきました。
このピアノで吉俣さんが演奏されることになったのです。

吉俣さん5

吉俣さん6

ご自身の経験もお話になりながら、そのピアノから奏でられる1音1音が心に響きました。






「イシノマキにいた時間」と「吉俣さんミニリサイタル」が終了しました。これまで全国で公演をさせてもらってきましたが、2012年初めての石巻公演の時に、「全国に伝えてください」と背中を押してくださった人たちに再び「イシノマキにいた時間」を観てもらえたこと、そして今回初めて観てくれた方も多くいらっしゃったこと、とても嬉しかったです。
お越しいただいたみなさん、ありがとうございました。




田口智也

17 : 39 : 36 | 田口智也 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

2019石巻公演 その2

8月20日

航海中、波も穏やかで、酔い止め効果もあってか、ほぼ酔うことなく目覚めることができました。
隣のベッドには、酒に酔いまくりの石倉さんが、ダウンジャケットを着たまま、寝ておられます。




この日は、翌日石巻を訪れる船客のみなさんに向け、石巻の魅力を伝える企画を3つ行いました。

しんぶん

「石巻の旨いメシ」「石巻の美しいコケ」そして「ぶらり。石巻の歩き方」



まずは「石巻の旨いメシ」

食トーク

食トーク2

メシ担当の僕が、ピースボートスタッフの上島安裕さんと、以前作成した石巻ウマイモノマップを元に、石巻のウマイモノ、名産、お土産、スイーツなどを紹介させてもらいました。




次はコケ部長による「石巻の美しいコケ」

こけ2

コケ0

石巻の、と言いつつも開始からしばらくはコケの生態を学ばされます。
ただ、その講座がけっこう面白いので



コケたくさん

なんか続々と集まってきて



こけ4

メモ取ってもらうほど興味を持ってもらい



こけ5

避難訓練中の係りの人も気になって見ちゃう



でも中には

こけ6

オヤスミナサイの人も。





そして、最後は3人による「ぶらり。石巻の歩き方」
シゲさん、石倉さん、僕と、それぞれが先生となって、それぞれが石巻で見たこと、聞いたこと、感じたことを、授業形式でお話させてもらいました。

0001.jpg
全員で舞台上に上がってお話させてもらっていたので、写真がないのですが
0005-4.jpg
僕、田口が石巻の食を通じて、店主の思い、願いなどをお話させてもらい
ぶらり2
石倉さんは、コケから見えてくる、石巻の地形と歴史
ぶらり3
シゲさんは、小樽から室蘭へ向かう間に行われた「記憶と記録」の企画の続きを
ぶらり終わり
そして、この授業を受けてくださった方が、石巻に降りて見て回って、感じて、初めて始まるという思いを込めて「まだ始まってません」
初めて石巻を訪れる人も、何度も足を運んでいる人も、石巻のあの頃と今を感じてくれたら嬉しいです。




3つの企画を終え、夕ご飯を食べた後は、舞台最終稽古。
いよいよ翌日は舞台「イシノマキにいた時間」の本番になります。

開演



つづく。




17 : 55 : 31 | 田口智也 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

2019石巻公演 その1

先日8月21日、石巻にて「イシノマキにいた時間」の公演が行われました。
通算101回目、石巻では3度目の公演となりました。
ご報告が遅くなってしまいましたが、遡って、順を追って書いていきたいと思います。




8月16日
シゲさん、一足お先に北海道小樽入り。

今回の公演は、日本一周をしているピースボートが石巻に寄港したタイミングで船内で公演を行うという、いつもとは違う公演となっています。

打ち合わせやリハなどを要するため、石巻で船に乗り込んだら間に合わない!ということで、その前の寄港地・北海道室蘭から乗り込むことになったんです。

シゲさんはさらに船内での打ち合わせや、当時の石巻の記憶と記録を伝える企画出演の為、さらに2つ前の寄港地・小樽から乗り込んだわけです。

しかし8月16日、日本を縦断した大型台風10号の影響をもろに受け、、、
この模様はシゲさんブログをお読みください。



そんなこんなで無事出航した船は室蘭へと向かいました。



8月19日
石倉田口組は、室蘭へ寄港する船に乗船する為、東京を出発。

_20190830_131635.jpg

フライト予約表に50と40。部長と課長の出張の様。
無事、北海道に到着し、いざ室蘭へ。


こけ渋滞
部長はコケ渋滞。

シール
課長は空港から謎のシール貼っつけて。



バスに揺られておよそ2時間。

室蘭船

見えてきましたオーシャンドリーム号!
遠くからでも存在感抜群ですね!

室蘭船2

無事到着。
ピースボートのスタッフとも合流でき、今夜、室蘭を出発し石巻へと向かいます。




今回は石倉さんと二人部屋。

部屋2

左側のベッドを選んだ僕は、寝る際

部屋3

石倉さんの方を見て寝ることになります。

石倉「こっち見ないでよ」
田口「そんなこと言われても僕寝る時いつも左側を下にしてるんで」
石倉「ベッド変える?」
田口「こっち側のベッドの方が落ち着くんで」
石倉「気になるわ」
田口「大丈夫です」



ひとしきり部長と課長の会話を楽しんだところで、さっそくリハ開始。

船内1

船内2

今回も、前回の洋上公演の時と同じ、ブロードウェイという500人収容のホールで行われます。
前回照明をしてくれた山さんと、今回初めての音響担当ジョーくんと、時間の許す限りキッカケの確認。

船内3




リハも終わり、スタッフさんと食事。
そして22時。
室蘭に停泊中だった船が石巻に向け出航しました。
乗り物酔いしやすい僕の脳裏に1年8ヶ月前の記憶が蘇りました。
2017ー2018のニューイヤークルーズ。

26551554_1664267960347287_912983597_n.jpg

9日間中8日間船酔い。(前回のクルーズ船酔い中の様子)




今回は絶対船酔いしないぞと誓い、酔い止めを服用。
そして、船内の居酒屋で飲み始めた部長をよそに

部屋4

早めの就寝。





つづく。






16 : 55 : 28 | 田口智也 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

稽古、始まりました!

お久しぶりです、田口です。


毎日暑い日が続いていますね。
立ってるだけでも汗が滲み出てきます。
まあ、僕は年中滲み出ているんですが。。。
みなさん、夏バテしていませんか?
まあ、僕は年中バテててるんですが。。。


さて、先週から【イシノマキにいた時間】の稽古始まりました。公演は平日昼間なのにも関わらず、ありがたいことに500人以上の方からご予約をいただきました。石巻の方々、そして全国からも駆けつけてくださるそうで、嬉しさと緊張で胸がいっぱいです。


1年8ヶ月ぶりの公演。なのでもちろん稽古も1年8ヶ月ぶり。じっくりと丁寧にひとつひとつ確認しながら稽古を進めています。
しかし、何度も確認して、何度も何度も確認して


_20190812_075515.jpg
石倉さん、凡ミス。

「いや、そこ、今確認したやん」
「あれぇ~?」
「頼むで」
「すみません!」




翌日
稽古前にコンビニでコーヒーを買ったシゲさん。
稽古時間ギリギリの到着で慌てて稽古場の扉を開く。
蓋の付いていないコーヒーを持った手で・・・


received_511796582900485.jpeg

received_405072913455594.jpeg
シゲさん凡ミス。


received_509476159816271.jpeg

「負のスパイラルや」
「これで電車乗って帰らなあかん」
「アイツのせいや」
(アイツというのは、コーヒー買う前にシゲさんが遭遇した人、だそうです)



そんな中、2015年の北九州公演の実行委員長である松田直子さんが、出張で東京に来ているということで、稽古場まで遊びに来てくれました。

received_2470777529612230.jpeg

久しぶりの再会に心踊ります!
いつも3人だけの稽古ですから、こうして稽古場に来てくれるのは嬉しいものです。
そしてそのままのテンションで
「よし!通しやろう!」
と、観客一人の通し稽古!


received_364340830905756.jpeg

良い緊張感の中、1年8ヶ月ぶりの通し。
まだまだ修正が必要な箇所が多いですが、松田さんに観てもらって通せたことは大収穫。
残り稽古も少ないですが、もっとブラッシュアップしていければと思います。
当日お越しのみなさん、船内でお待ちしております!



田口
08 : 20 : 18 | 田口智也 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

2019【イシノマキにいた時間】石巻公演

大変ご無沙汰をしております。
田口です。

更新が滞っており失礼しました。
久しぶりの更新、告知させていただきます!

前回の洋上公演から1年8ヶ月ぶりに【イシノマキにいた時間】の公演が決まりました。
今回は、石巻での公演になります。

65975311_610308729377858_662810434134343680_n.jpg


石巻では、2012年に東浜小学校と中央公民館で、2013年には再び中央公民館で公演をさせてもらい、今回で3度目の公演となります。

会場は前回と同じく、ピースボートクルーズの船内のホールです。8月に日本一周に出発するクルーズが石巻に寄港するタイミングでお客様を船内にご案内し、停泊中の船内で公演が行われます。船酔いする僕には助かります。お越しいただくみなさんにも安全にご乗船、ご観劇できますので、ご安心ください。

そして、音楽家の吉俣良さんも駆けつけてくださり、ピアノの演奏をしてくださる事になりました。


◾️日時 8月21日(水)
【イシノマキにいた時間】
13:00開演(開場12:30 終了14:30)
【吉俣良ミニリサイタル】
15:00開演(開場14:30 終了15:30)

◾️会場 石巻港雲雀野中央ふ頭 オーシャンドリーム号船内
(【イシノマキにいた時間】と【吉俣良ミニリサイタル】は同じ船内で場所を移動して行います。)
詳細はこちら

事前のご予約が必要ですので、こちらをお読みの上、ご予約をおねがいいたします。
ご予約はこちら


石巻や近郊にお住いのみなさん、そして全国からもお待ちしております。


シゲさん、石倉さんもブログで思いを綴っています。ぜひお読みください。
シゲさんブログ 
石倉さんブログ 

みなさまのお越しをお待ちしております!


17 : 45 : 59 | 田口智也 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

西日本豪雨

西日本の広範囲に渡り甚大な被害をもたらした西日本豪雨。

自分の信頼するピースボート災害ボランティアセンターのスタッフのみなさんが、特に被害の多かった岡山県倉敷市で支援活動を行っています。
PBVホームページ
「イシノマキにいた時間」メンバーのシゲさんも現地入りし、活動を行い報告をされています。
シゲさんブログ

そして僕も今回短期間ですが、倉敷へ行ってきました。
今年は近年稀にみる猛暑で、ボランティアの方々の活動を妨げる暑さが続いています。暑さとの戦いです。僕も倉敷入りする前には、シゲさんや信頼できるSNSから情報を得て、熱中症には特に気を付けないとと、念には念を入れて準備をしていきました。



朝8:30に新倉敷駅からのシャトルバスに乗って、倉敷市災害ボランティアセンターへ向かいます。
2_20180728000256c55.jpg

3_201807280002588d5.jpg
ボランティアセンターに到着すると、今日一緒に活動するチームを作ります。今回の僕たちのチームは、年輩の方2人と僕と同じ年代の人2人、そして僕、という5人1組の構成になりました。何度かボランティアに来られている年輩の方の1人がすすんでリーダーになってくれて、僕は活動時間20分と休憩時間10分を計るタイムキーパーをやることになりました。

ここでスタッフから活動の諸注意と熱中症に関する説明がありました。特にこの暑さに対しては「暑さと戦わないでください」という言葉が。そうか、この暑さと戦っちゃいけないんだ。ついつい暑さに負けないようにしようとしていましたが、そうじゃないんだ、むしろ、うまく付き合っていかなければいけないんだ、と思わせてくれました。

【イシノマキにいた時間】のヤスさんの言葉にもありました。
「ヒトシくん(田口)が倒れると、活動が中断するだけじゃなくて、地元の人にも迷惑をかけるし、もし熱中症にでもなって病院に運ばれたら地元の人が使えるベッドが1つ減るんだからね。いい?ヒトシくん」

ボランティアは自己管理の徹底が不可欠なのです。



準備が終わるとバスに乗りボランティアセンターサテライトの真備町箭田(やた)へ向かいます。
4_20180728000306fdc.jpg
ここでリーダーではない方の年輩の方が「私ボランティア初めてで、何もできないかもしれないけど」と。聞けば地元岡山の方で、地元が大変な事になってるから何かしたい、との思いで参加されたそうです。


15_2018072800040664a.jpg
豪雨により決壊してしまった小田川の堤防。自然の恐ろしさを物語っています。



バスがサテライト箭田に到着。
6_2018072800033836c.jpg

5_201807280002516db.jpg
そこには、僕の地元・栃木県小山市からも団体で来られていました。小山市も3年前の大雨で思川が氾濫し、大きな水害に見舞われました。(当時のブログ→大雨災害)この時も全国からボランティアの方たちが駆けつけてくれました。



ここからは徒歩でお伺いするお宅へ向かいます。ここでもう1組、高校生を中心としたチームと合同で活動することになりました。
11.png
地元の高校に通う3年生の野球部と女子マネージャー。野球が終わったからと、率先して参加されたそうです。


今回お伺いしたのは、バイクの工場兼ご自宅のお宅。ご主人は不在で奥様一人で出迎えてくれました。
外には浸水した家具や生活用品などが出されていました。
8_201807280003485a3.jpg
(家主の方へのご配慮で、建物内の写真は撮りませんでした。)

奥様に状況をお聞きし、入らせていただく場所の説明を受け、活動開始です。今回は家財道具の運び出しと泥出し。



10_201807280003405f2.jpg
開始すぐに大量の汗が出てきました。シゲさんが言う「3リットルの水飲んでも6リットルの汗が出るよ」を、身を持って体験。

20分活動したら10分休憩を取る。女子高生もいれば年輩の方もいます。体力も違います。僕も体力には自信が無いです。だからこそ、自己管理もしながらチーム全員で少しずつ少しずつ進めていかなければなりません。決してルールを無視して身勝手な行動をしてはいけないのです。(残念ながら今回、そのような方が一人いらっしゃいました。)

活動時間は10:00~14:00。限られた時間での活動です。

この日だけでは終えることは出来ませんでした。でも次、こちらに来たボランティアが必ず引き継いでくださいます。奥様にはそうお伝えしてお宅を後にしました。

翌日から3日間、台風の影響によりボランティア活動は休止になってしまいました。浸水により建物がズレてしまい、扉が閉められなくなっていました。台風の接近がとても心配です。



自分の出来る事はほんの少しだけでした。でも「1人の100歩より100人の1歩」が大事なんだと思います。これから長期的な支援が続きます。僕も引き続きお手伝いに行ければと思っています。今自分に出来る事を考えている方に届いてほしいと思います。

そして信頼できるボランティアの先輩方の発信を常に受け取れるようにしていきましょう。



田口智也
01 : 32 : 22 | 田口智也 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

ニューイヤークルーズ洋上公演その2

「イシノマキにいた時間」本番を翌日に控えた1月3日。

とんでもない事態が発生したのです!


と、その前に

せっかくニューイヤークルーズに乗せてもらったので楽しかった事もちょっとご紹介。



12/31~1/1 基隆(台湾)にて

26233888_1402055713249907_1259886191_n.jpg

26235599_1402056086583203_2135261341_n.jpg

26553215_1402055886583223_1577280324_n.jpg

DSC_5029.jpg

DSC_5041.jpg

26693908_1537884769652985_722808617_n.jpg

DSC_5090.jpg

26553386_1402056429916502_535579322_n.jpg

DSC_5085.jpg

26241762_1402056446583167_1269655551_n.jpg

DSC_5105.jpg




1/2 宮古島にて

26552796_1537884666319662_1994746085_n.jpg


インスタ映え選手権
26552588_1537884606319668_1415810869_n.jpg

DSC_0051.jpg

DSC_0035(1)_201801070053446ba.jpg

26553300_1537884586319670_783575762_n.jpg
↑石倉さんの足(南国にムートン)



DSC_0133(1).jpg

寄港した場所で、そこでしか食べられない物、撮れない風景を堪能させていただきました。石巻にも石巻でしか食べられない物、撮れない風景があります。




さぁ、いよいよ「イシノマキにいた時間」本番前日。
「キッカケの場所」3回目の企画の準備をしている朝、僕が体調不良で再びダウン。下痢と腹痛と頭痛で立っているのも正直つらかったのです。それでも2回目の「キッカケの場所」を欠席しているので休むわけにはいかない。しかも食を通して石巻を伝える「食べっプリンス」を紹介させていただく回だったので、なんとしても参加しなければと、気合い入れて参加しました。

無事「キッカケの場所」を終える事ができましたが、すぐベッドでダウンしてしまいました。時刻は14時。しばらく休ませていただくことに。

夜になり、シゲさんが念のため熱を計った方がいいと体温計を持ってきてくれて計ったところ37.7度。なんとインフルエンザの疑いが出てきました。インフルになってしまったら、もちろん公演は中止。さらに同室だったシゲさんと石倉さんも24時間隔離され部屋から出れなくなってしまいます。

診療所へ行きインフルエンザの検査を受けたところ、結果は陰性。しかし、翌朝また検査してみないととの事。鎮痛剤をもらい部屋へ。シゲさんと石倉さんは別部屋で就寝し朝を待つ事に(でも心配で寝付けなかったそうです)。ピースボートスタッフのみなさんには公演中止になった際のカリキュラムの変更や対応をどうしようかと頭を抱えさせてしまっていました。

翌日9時。再び診療所へ行きインフル検査。

8分後

結果は陰性。インフルエンザにはかかっていませんでした。しかも鎮痛剤の効果もあって体調はずいぶん回復。食事も24時間ぶりに食べる事ができ、「イシノマキにいた時間」の公演も予定通り行える事になりました。

きっと宮古島ではしゃぎすぎたせいだと思います。

無事本番が行われるとはいえ、シゲさん、石倉さん、ピースボートスタッフの方々、レセプションの方には大変ご迷惑をおかけしてしまいました。全て自己管理不足から起こったことです。本当に反省しております。

申し訳ありませんでした。




気を取り直して、気合いを入れ直して、11:30からブロードウェイでリハーサル。そして13:30からいよいよ本番です。

DSC_0137(1).jpg

幕の向こうには500人のお客様で満員でした。



これまで全国の色んな会場で公演をさせてもらいましたが、洋上での公演は初めてでした。
どんな場所でもどんな環境でも伝える事は変わらず、ぶれずに伝える事が出来るのがこの作品の特徴でもあります。
また次、どこで公演を行えるか分かりませんが、真っ直ぐに伝えていければと思います。


今回企画して下さったピ-スボートさんには大変感謝しております。
本当にありがとうございました!



田口智也



02 : 14 : 45 | 田口智也 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

ニューイヤークルーズ洋上公演その1

お久しぶりです。田口です。

前回の更新からずいぶんと空いてしまいました。というのも、2016年10月~11月の北海道ツアー以降、2017年は「イシノマキにいた時間」の公演は行われておりませんでした。その間もメンバーはそれぞれ石巻を訪問していましたが、ここでのご報告が滞っておりました。



さて、今回は1年以上ぶりとなる公演が行われましたので、ご報告いたします。

今回の公演は、2011年から石巻でボランティアの受け入れ体制を整え、活動していたピースボート災害ボランティアセンターの母体となるピースボートが運営するニューイヤークルーズでの公演です。日本を離れ、初の海外公演?しかも初演から数えて100回目の公演になります。

1515203589219.jpg

12月28日から1月5日まで横浜→基隆(台湾)→宮古島→横浜とまわる、この船の中で公演を行います。船内で舞台なんてもちろんやったこともないですし、揺れとか想像出来ないんですけど、ピースボート乗船経験のあるシゲさんからの「大丈夫!」の一言でとりあえず安心してみました。


9日間の旅ですからね、みなキャリーケースや大きなカバンで来ているのに

1515203582962.jpg

シゲさんはこのリュックのみ!いやいや荷物少なすぎるでしょ!



ちなみに、9日間メンバーは同じ部屋でお泊りです。

DSC_0157.jpg

いびきと寝言と無呼吸と。
そして、屁。
賑やかな部屋でした。



公演が行われる場所は船内にあるホール、通称「BROADWAY」

26551390_1405289749593170_864206058_n.jpg

DSC_5023.jpg

DSC_5022.jpg

DSC_5024.jpg

ついにブロードウェイで公演ができるわけです!船内のね!



公演は年明けの1月4日に決定。それまでの間は「イシノマキにいた時間」を観ていただく前に「キッカケの場所」と称し、あの頃の石巻や今の石巻を感じてもらい、これからの石巻を想像してもらえるような企画を3回にわたりやらせていただきました。

26552978_1537884762986319_1745343197_n.jpg

1船キッカケの場所1

6-1冊子-2

船キッカケの場所4

1-0食べっプリンス

カスカ一日

イイ話01

イイ話02

石巻からの手紙2




ただ、そんな大事な大事な企画に、僕はあろうことか船酔いでダウンし、第2回目の「キッカケの場所」をまさかの欠席。
26551554_1664267960347287_912983597_n.jpg

もう誰も話しかけないで・・・というオーラ全開で、そのまま部屋へと消えていきました。申し訳ないです。。。



他にもピースボート災害ボランティアセンターの事務局長を務める上島安裕さんが、災害救援シリーズとして、災害時に必要な事、知っておくべきこと、備えなど、丁寧にお話する企画も行われました。

DSC_5016.jpg

DSC_0145(1).jpg

DSC_0144(1).jpg

知らなかった事も多く、分かりやすく解説してくれるので、大変勉強になりました。



そして、いよいよ「イシノマキにいた時間」の本番が近づいてきました!
が、またしてもここでアクシデント発生!!!

一体どうなってしまうのか!?


つづく




00 : 16 : 38 | 田口智也 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

石巻へ行ってきました。

お久しぶりの田口です。

2017年3月11日。
震災から6年が経ちました。今もまだ12万3168人(2017年2月現在)の方が避難生活を余儀なくされております。そして、まだまだ現状から抜け出せない状況の方々がたくさんいらっしゃいます。一日でも早く、最後の一人が元の生活に戻れる日が来ることを祈って信じています。



昨日、石巻へ行ってきました。今回は新幹線で。

AM6:00
朝日を浴びながら
1.jpg
東京発の新幹線に乗り、在来線を乗り継ぎ、3時間20分。


AM9:20
2.jpg

4.jpg
石巻到着。キーンと肌寒さはあるものの、気持ちのいい天気です。


レンタカーを借りて出発。
29.jpg
石巻で車に乗るときはラジオをかけます。ラジオを聞いていると、東京では聞けない石巻の話や、石巻の人たちの声が聞けます。


まずは石ノ森萬画館へ向かいます。
10.jpg


こちらでは、石巻に活動を移し石巻に根を張った写真家4人の写真展「つづく展」が開催されていました。
13.jpg

14.jpg



ストレートに、時に抽象的に幻想的に、石巻に住む人々を撮り続けている古里裕美さん
15.jpg


毎朝、夜明け前の青く光る風景の瞬間を撮り続けている鈴木省一さん
18.jpg


震災前の何気ない日常を、生活を、風景を15年に渡り撮り続けている渡邊裕紀さん
22.jpg


嫁や子供も知らない漁師の職場である海の船上で、男たちのプライドを撮り続けている平井慶祐さん
25.jpg

4人それぞれの想いがギュッと詰まった写真展でした。



省一さんの写真「いしのまきのあさ」は「イシノマキにいた時間」の公演や、全国各地での写真展で何度も見ていますが、今回はキャプションほぼありませんでした。そのことを省一さんに聞いてみると「石巻で写真展をやる際に、地元の方や全国から来られる方、たくさんの方が足を運んでくれるので、写真に自分の思いや考えを載せるより、見てもらった方のそれぞれの思いで見てほしい。」とおっしゃっていました。箱根や全国で行われた写真展とはまた違った思いでの写真展だそうです。


21.jpg

20.jpg
壁一面に飾られた印象的な写真の数々は2013年1月から撮り続けた写真ですが、写真展開催中も毎日その日の朝に撮った写真を加えていたそうです。まさに「つづく」なのです。



と、その時会場で声をかけていただいたんです。
「私、北九州で【イシノマキにいた時間】を見ました。今日は北九州から来ました。」と、娘さんとお母さん親子で石巻に来られたそうです。
さらに「私、昨年のSMBCの公演を仙台から見に行きました。」と、こちらはご夫婦で石巻に来られていました。

2組とも、石巻に思いを寄せ、石巻まで足を運ばれたそうです。舞台を見ていただいた方に、石巻で会えてとても嬉しかったです。ありがとうございました!




その後、僕は萬画館を後にし、女川、雄勝へ向かいました。
38.jpg
おなじみ洸洋さんでお食事を。

3月11日でも勿論営業されており、いらっしゃいませ!と元気に迎えてくれました。
37.jpg
上山さんと江利子さん、奥ではお母さんも元気に忙しくお仕事されています。

待ちに待った昼食。
35.jpg
ドカンと洸洋丼です!!新鮮な魚介がまぶしいですわ!さすが洸洋さん!さすが雄勝!


お店は客足が途絶えない盛況ぶり。でも14時46分には手を止め、海へ移動します。
36.jpg
サイレンの音と共に黙とう。

1分間の黙とうを終えると再び、お店へ戻りお仕事です。




僕はこの後、移動してキッチンじゃがいもさんへ向かいました。
45.jpg
半年ぶりに再会したお母さんは「わーいらっしゃい!」と満面の笑みで迎えてくれました。
震災当時のお話や、今の状況、そして、ちょっと踏み込んだ(笑)日本のことなど、ゆったりとした時間が流れる中、お母さんと色々お話ができました。

今回はまだいただいたことの無い
46.jpg
あさりのスパゲッティ。丁寧に作られたスパゲッティはとっても優しい味でした。
あ、お母さんはあまり写真がお好きじゃないようなので、ご本人は撮りませんでした。




3月11日、石巻では、仕事を休み追悼やそれぞれの時間を過ごす方がいる一方、いつもの生活を送り、いつものように仕事をされる方もいらっしゃり、さまざまな過ごし方をされていました。

まだまだ、問題もたくさんありますが、希望もあり、夢もあります。
心を寄り添っていきたいと思います。



田口智也



17 : 37 : 16 | 田口智也 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

鈴木省一写真館 南富良野町

鈴木省一写真館、続いては南富良野町。


36321113_2016-11-15_09-33-59_20161114-_DSC5627.jpg


36321082_2016-11-15_09-30-41_20161114-_DSC5607.jpg


36321104_2016-11-15_09-33-04_20161114-_DSC5617.jpg


36321106_2016-11-15_09-33-23_20161114-_DSC5618.jpg


36321097_2016-11-15_09-32-02_20161114-_DSC5613.jpg


36321094_2016-11-15_09-31-35_20161114-_DSC5612.jpg


36321085_2016-11-15_09-30-57_20161114-_DSC5609.jpg


36321099_2016-11-15_09-32-23_20161114-_DSC5614.jpg


36321123_2016-11-15_09-34-20_20161114-_DSC5630.jpg


36321180_2016-11-15_09-35-56_20161114-_DSC5636.jpg


36321160_2016-11-15_09-35-31_20161114-_DSC5634.jpg


36321203_2016-11-15_09-36-22_20161114-_DSC5637.jpg


36321135_2016-11-15_09-34-45_20161114-_DSC5631.jpg


南富良野町公演は前日に富良野塾OBの皆さんが仕込みをしてくれていて、当日は置戸町で使用した機材の搬入からのスタートでした。この前日の仕込みどれだけありがたかったか。ドンドンスムーズに仕込まれていくのです。本当に助かりました。
省一さんの写真展も同会場で開催され、多くのお客さんがご覧になられていました。


やっぱり写真家の写真は素晴らしいですね!臨場感、躍動感、一瞬一瞬に魂が込められています。
これからも省一さんは写真を撮り続けます。
みなさんにも、是非、生で見てもらいたいと思います。





17 : 28 : 28 | 田口智也 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ

プロフィール

ishinomakitime

Author:ishinomakitime
(左)福島カツシゲ
(中)田口智也
(右)石倉良信

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

福島カツシゲ (264)
石倉良信 (23)
田口智也 (220)
斉藤直樹 (10)
STAFF (2)
未分類 (17)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR