スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

ティーンエイジャー

昨年末に行われた東京公演に、僕の知り合いが中学3年生の息子さんを連れて観に来てくれました。終演後、面会した時、その息子さんは一言も話さず、軽く会釈だけして帰っていきました。

年が明けて、石巻から荒波牡蠣が届きました。「荒波牡蠣復活委員会」のオーナー制度の荒波牡蠣です。一人では食べきれない量でしたので、舞台を観に来てくれたその親子におすそ分けしました。

それから数日後、その母親から一通のメールをもらいました。


『今、中3の息子が高校受験の真っ只中で、面接の練習をしています。「気になるニュースは?」という課題に、震災のことをあげ、【イシノマキにいた時間】の舞台のこと、復興について、ボランティアについて、牡蠣の処理場のこと、そして実際に牡蠣をありがたくいただいたこと…という内容で自分から語り始めました。普段はあまりこういうこと言わないのでびっくりしました。舞台を通して大切な事を教わりました。ホントに見に行ってよかったです。ありがとうございました。』


胸が熱くなりました。
面会で会っても一言も喋らない控えめな思春期の男の子が、この作品を観て感じてもらえた事、本当に嬉しくてたまりませんでした。


同じく石巻でボランティア活動をしていた亀田さんという方も、高校生の娘さんと一緒に観に来て下さいました。娘さんは観てくれた思いを感想文にして学校に提出したそうで、本人の許可を得られたので、その感想文を読ませていただきました。素直に自分の思いを綴られたその感想文を読み、僕はとても感激しました。



大人でも子供でも、社交的でも内気でも、心にある想いは一緒なんだなと改めて教わった気がします。そして、この作品をティーンエイジャーにももっと観てもらいたいと強く感じました。

なんとか形にできればなぁと思っています。







田口智也
スポンサーサイト
15 : 14 : 19 | 田口智也 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑

仮設支援2日目

昨日より積もったようです。




昨日が・・・


IMG_4608−2


今日は・・・


IMG_4632−2




昨日のロボコン・・・


IMG_4628−2


今日のロボコ・・・ン?


kasetsushien201.jpg



本日も午前と午後に分けて仮設住宅に住んでるみなさんに会いに行って来ました。それを仮設支援と呼んでおります。


ミーティングなど準備を終えて、市内の中央町から、けっこう離れた仮設住宅に着くと、住民の人達が雪ハネをしていた。富良野仕込の雪ハネテクを見せる時が来た!!この日のために、昔、富良野に住んでました。



今日はモールアート。モールで色んなモノを作るのです。昨日、初めてのシュシュを作り、履歴書を書く日が来たら、特技の欄に『指編み』と、きっと書いてしまうが、もうひとつ『モールアート』と書く日も、今日のうちに来るだろう。モールアートとは、1本のモールから・・・

kasetsushien206.jpg

   動物や野菜や、ナンデモカンデモ作るのです



簡単なモノだと、ニンジンとか・・・

kasetsushien207.jpg


簡単そうに見えるけど、バランスが難しいカメとか・・・


kasetsushien216.jpg




そして、何がスゴイって、仮設支援メンバー、コレ全部、独学です。昨日の指編みも、モール作りも、その後のキーホルダー作りも、すべて独学です。まずは、みんなでクマを作ります。独学王・ただっちから教わります。

kasetsushien210.jpg



近い将来『特技:モールアート』と書く予定なので、当然、クマにチャレンジ。そして、徐々に・・・

kasetsushien211.jpg



完成・・・ん?

kasetsushien212.jpg

   ウサギにしか見えないと??


その後、いろいろチャレンジする流れで、見事に

kasetsushien213.jpg

   サザエさん・・・完成!!



みんなから『はぁ?サザエさん??』的なリアクションを頂戴して、それを見ていた独学王・ただっちが、いつの間にか、サザエさんを

kasetsushien214.jpg

   サルに作り変えてた



更に、バナナを付けて、もぉ、キャバクラとかで、メチャメチャ受けそうな感じにフルモデルチェンジされてました。

kasetsushien215.jpg



ただっちのサル&バナナが、住民のみなさんからも評判が良くて、完全に『不得意:モールアート』になりかけてた時、救世主現る。3歳の男の子が『サザエさんがいい』と言って



   サルの受け取りを拒否



急いで『サザエさん・サンバカーニバルバージョン』を作るも・・・・

kasetsushien217.jpg

   若干・・・キョトン



そして、午後の場所に移動。モールアートは・・・ドローですね。



午後は、これまた賑やかな住民さんたちだった。小学生以来、久しぶりに『将棋』を打った。

kasetsushien223.jpg


1勝1敗・・・ガンバった。もっとも平和的な結末だった気がする。その後は、画用紙でのキーホルダー作り。


kasetsushien225.jpg


kasetsushien230.jpg


もはや、完全に『特技:手作りキーホルダー』となった。最後は、住民さんが『なぜ、しげさんは結婚できないか』を議題に話し合ってくれました。ちゃんと、ホワイトボードに書き出して。


IMG_4674−2

   写メってるメンバーがいますが・・・


流出は避けたい。そんな過去の恋愛遍歴です。



ここでの活動は、たくさん迷いながら続けているのだと思うのです。自分自身、迷いながら、伝えています。その時は、結果だけでなく経過も伝えていこうと思っています。迷いながら進んできた経過を。

仮設支援メンバーの中に、よく忘れる子がいます。指編みもモールアートの作り方も、何度も忘れるのです。そして、仮設集会所にやってきた、おばあちゃんから教わってたりします。何度も同じ事を教わってます。


おばあちゃんは、楽しそうに教えてるのです。



もぉ、この子は、忘れる天才です。何度も教わる才能に溢れているのです。ここでは、正しいことは楽しいことなのだと思うのです。


仮設支援、とても楽しい時間でした。ありがとう。

20 : 05 : 43 | 福島カツシゲ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

初めての仮設支援

石巻は雪です。



kasetsusien02.jpg



2011年10月から、いろいろカタチを変えながら続いてる仮設支援の活動に、初めて参加させてもらった。これまで、長く石巻に関わりながら、仮設支援に参加してなかったのは、正直どこかで避けてたんだと思うのです。

kasetsusien07.jpg



言葉を選ばずに言うなら、時期、仮設住宅の場所、その日の天気、どれをとっても仮設支援は単純ではなく(もちろん他の支援活動も単純ではないのですが・・・)長期で関わってるボランティアになればなるほど複雑で難しくなり、短期でしか関われないボランティアにとっては、とても戸惑ってしまう活動なんだと、改めて実感したのです。



kasetsusien10.jpg





もしかしたら、この活動は、支援活動と呼ぶのがふさわしくない活動なのかもしれないなぁと感じながら、おばちゃんたちと一緒に手編みでシュシュを作ったりしてたのです。


kasetsusien13.jpg


シュシュを作る手編みの活動は、別に教室ではないから、やらなくてもいいのです。もちろん、教えてもいいし、教えられてもいい。とにかく、そこに居て、一緒にシュシュを作ったりするだけなのです。おかげさまで、おばちゃんに教えてもらいながら


kasetsusien11.jpg



kasetsusien12.jpg

   初めてのシュシュを作りました



仮設支援に行っても、住民の人達が一番望むことを僕たちは出来ないと思うのです。大工さんじゃないから新しい家を建てることは出来ないし、医者やカウンセラーじゃないから孤独死をなくすことも出来ないのです。



だから、別の仮設の集会所では、子どもたちと、デッカイ麻雀で神経衰弱をして、大人気もなくガチで勝ったりもします。はい、負けると悔しいからです。

kasetsusien16.jpg



そして、けっこうな早わざでシュシュを作ったり出来るようにもなりました。

kasetsusien17.jpg




kasetsusien20.jpg




正解がわからないし、きっと正解は出ないのだと思うのです。ただ、2011年10月から続いてる活動を、仮設支援と呼んでるだけなのだと思うのです。


kasetsusien21.jpg


だから、明日も仮設住宅に、おばちゃんたちに会いに行ってこようと思うのです。お茶やお菓子や毛糸を持って、遊びに行こうと思うのです。




ロボコンも寒い中ですが、満点をもらったので笑顔です。

kasetsusien23.jpg










00 : 11 : 03 | 福島カツシゲ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

おみやげ

先日行った石巻のおみやげに、これを買いました。



特製 あぶり芽かぶ
販売者 ㈲兼宮商店さん


ビールのおつまみに最高です!
食べ出したら止まらない、やみつきになる味ですよ!


僕は女川のマリンパル女川で買いました。
マリンパル女川は、地元で獲れた新鮮魚介類などが、数多く販売されております。
石巻へ訪れた際は是非立ち寄ってみて下さい!


田口智也
18 : 03 : 26 | 田口智也 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

第二回『トモ食い~石巻を食べ歩き~』その3

鮎川で道に迷いましたが、それでも諦めず女川を目指します。


そして、女川に無事到着いたしました。
時刻は15時20分。
前回、おかせいさんに行った時は15時30分でもう閉まっていたので、今回もヤバい!と、急いで向かうと、店頭に「営業中」の看板が!

ヨシっ!間に合った!

店内へ入ると、お母さんが「いらっしゃいませ~」とやさしく声をかけてくれる。
「海鮮丼改め女川丼」を注文。

これっ!
これです!
これが、女川丼です!

うん!やっぱりおいしい!
鮮度が違う!
2時間前に穴子丼を食べたばかりでしたが、こちらもペロリと完食。

女川丼を充分堪能し、満足して車に乗り込みます。



次に向かった場所は

同じく女川にある「きぼうのかね商店街
プロのカメラマンで、「イシノマキにいた時間」のスライド写真も撮ってくれた、ショーイチさんオススメの食べ物があります。

それは



「八百東商店」さんのハムフライ。

さっそくいただくと

うおぉ~!うめ~っ!これはうまいっ!
こんな体型にも関わらず、揚げ物がそんなに好きでない僕でもこれはうまい!
どこか懐かしさを感じる、この味。しかもこれ、1枚30円ですよ、30円!
「八百東商店」さんはこの他にも、とんかつ、コロッケ、チキンカツなど安くておいしい揚げ物があるんです。
コンプリートしてみようかな?



いやぁ、今回は全部おいしかったです。
第三回で、この味を求めて同じルートを巡ってしまいたいぐらいおいしかった。
また開催いたします!
皆さんからのおいしい情報、ジャンジャンお待ちしております!

以上、第二回『トモ食い~石巻を食べ歩き~』でした!


田口智也
21 : 35 : 33 | 田口智也 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

第二回『トモ食い~石巻を食べ歩き~』その2

福貴浦でみなさんとお別れし、鮎川へ向かいます。

鮎川にはシゲさんオススメの穴子丼があるそうで、朝から何も食べていない僕は、唾出まくりの運転になります。



小網倉浜まで行き、そこから15分ほどで鮎川に到着。
そこにある仮設商店街


「おしかのれん街」


ここの一番奥にあるのが


「お食事処 海船」さん


店内に入ると若い亭主と奥さんが元気にお出迎え。
カウンターには数名のお客さんが居て、既に食べ終えた丼が置かれている。米が一粒も残っていない丼を見て、これは間違いないと期待しながらカウンターへ座る。

お品書きには、そそられる「海船丼」が書かれていたが、迷う事なく「穴子丼」を注文。

カウンターからキッチンを覗くと、亭主が鍋から丁寧に穴子を取り出す。ホント丁寧に。この手作業から、穴子の柔らかさがうかがえる。

数分後

出てきたのが

「自家製穴子丼」


空腹を我慢し写真を1枚。
そして、一口。




うまいっ!!

ものすごくうまいっ!!

口の中にまだ残っているのに、箸で次の一口をよそって待機させちゃうぐらいうまいっ!



いやぁびっくりした!
こんな穴子丼は初めてです。ボリュームもあり、食べごたえ充分。あら汁もうまかったな~。
ペロリと完食いたしました。
シゲさん、教えてくれてありがとうございます!





満足し、鮎川をあとにします。
このあとは女川へ行くため、来たルートとは別のルートを使って、いざ女川へ。




穴子丼のあの味を思い出しながら1時間ほど走り、着いた場所は




小網倉浜。




あれ?
何でだろう?
来た時は小網倉から鮎川まで15分ほどで着いたのに…。



完全に道間違えました。



自分への悔しさを押し殺し、再び女川へ向かいます。
目的は、そう、「おかせい」さん。前回の「トモ食い」では、営業が終了してしまい食べられなかった「海鮮丼改め女川丼」を食べに。
リベンジです!



はたして、女川にはたどり着くのでしょうか?そして、女川丼は食べられるのでしょうか?



つづく
15 : 19 : 05 | 田口智也 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

第二回『トモ食い~石巻を食べ歩き~』その1

第二回『トモ食い~石巻を食べ歩き~』が開催されました!

『トモ食い~石巻を食べ歩き~』とは、田口が石巻へ行き、おいしい物を食べてまわる!という企画である。

第1回の模様はコチラ




早朝、東京を出発し9時30分に石巻に到着。



100円レンタカーを借りて、まずは鹿立浜へ。





鹿立に着くと、大将・石森さんとイケメン息子・隼人さんが作業されていました。


作業の邪魔にならない様、見学します。


そして別れ際、隼人さんと2ショット写真。

首がとんでもないコトになってる!
なんか隼人さんが田口で腹話術してるみたいな感じになっちゃってます。



その後、牡蠣処理場のある福貴浦へ。


処理場の外では、熱血漁師・浩哉さんが作業されていました。
作業中にも関わらず、浩哉さんも僕のお相手をして下さいました。


処理場の中も見せてもらえました。


ここで浜のお母さん達が牡蠣を丁寧に剥き身にしていくんですね。




1時間ほどお邪魔し、福貴浦をあとにしようとすると、浩哉さん、未佳さんから牡蠣のおみやげまでいただきました!しかも大量に!ありがとうございました!


そして、次は鮎川浜へ向かいます。
鮎川には、シゲさんオススメのお店があります。



午後1時



田口は朝からまだ何も食べてません。



つづく。
17 : 48 : 38 | 田口智也 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

オーナーなのでございます。

荒波牡蠣がぁ〜〜〜〜届きました。




家を留守にしがちなので、甥っ子んちに届くようにしてたら、妹からメールが送られてきた。携帯の機種が古いために、イマイチ写りが悪いが・・・荒波牡蠣が箱に梱包されて、そして新しく出来た福貴浦の共同処理場で剥かれたであろう牡蠣がぁ〜〜〜届いたぁ!

IMG_4520.jpg



今は、正確な人数は解らないが、全国に支援の想いが詰まった荒波牡蠣のオーナーは2,100人以上いると聞いてます。2,100人ということは、2100万円の半分の金額が処理場建設に集まったということなのです。これは、スゴイことだと思うのです。


2012年は、秋から冬にかけて、海水が温かかったこともあって、牡蠣の育ちが遅かったのです。10月の下旬に新宿のエールフェスタに、トラック一杯の荒波牡蠣を積んできた時も、漁師さんたちは、浮かない顔で言ってました。



   「こんな小さいのは、荒波牡蠣じゃねぇ」



だから、当初考えていた半額以下で振舞ってました。


それでも思うのです。これは奇跡だなぁ〜と。2011年4月下旬、鹿立浜の処理場は壊滅でした。

sudachi1.jpg


鹿立浜だけでなく、あの頃『漁業支援』と言われてた、浜の瓦礫撤去や、流されて打ち上げられた漁具の回収をしながら、『この浜が元に戻るまでに、いったい何年掛かるんやろ?」と思ってました。

koami3.jpg


僕が漁業支援で活動した浜の漁師さんは『だれも浜に戻ってこないと思ってたよ。そしたらボランティアさんが来てくれたんだもんなぁ』と笑ってました。

koami1.jpg


koami2.jpg


ホントに、そんな状態でした。あれから1年9ヶ月後に福貴浦に、共同ではあるけれど、牡蠣の処理場が建ったのは、僕には奇跡に感じます。



もちろん、今も鹿立浜には処理場が建ってません。福貴浦に出来た処理場を5つの浜が交代で使ってます。そしてまだまだ人手不足の中、少しでも早くオーナーのみなさん(あ・・・僕もオーナーだ!!)に、荒波牡蠣を届けるために、漁師さんたちは、大忙しだったんだろうなぁと思うのです。


甥っ子のリクエストはカキフライでした。

IMG_4516.jpg


正直、小さな牡蠣も入ってました。そらぁ、2000人以上の人たちに届けるわけですから、きっと漁師さんたちも辛かったんじゃないかと、勝手に考えてます。

荒波牡蠣のオーナーさんは、牡蠣が届いたら食べて、そして、出来ればもう一度、石巻に足を運んで、荒波牡蠣を食べてほしいなぁと思います。浜で獲れたての荒波牡蠣を食べて貰いたいなぁと。『オーナーだぞぉ〜〜〜!』と言いながら。


映像は、2012年の復興支演【イシノマキにいた時間】の下北沢公演の時に『今の石巻』『今の浜』として流した映像です。この福貴浦に出来た共同処理場は、5つの浜で、まだ1つですが、大きな大きな1つだと思うのです。


[広告] VPS




僕が言うのも変ですが、オーナーのみなさん、ありがとうございます。


18 : 40 : 05 | 福島カツシゲ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

イシノマキミーティング

先日、都内某所で「イシノマキにいた時間」ミーティングが行われました。
昨年末の東京公演の報告や、3月の熊本公演の準備等、ミーティングしてきました。


大人の雰囲気が漂う、ビジネスマンが好むような落ち着いたカフェ。
僕たちの席の横には、IT関係であろうエンジニア達がパソコン片手に何やら会議をしています。
それを見た石倉さんが「負けてられないよ。」と持参したパソコンで作業を始めました。





覗いてみると





何も映ってませんでした~。



【イシノマキにいた時間】次回は2月12日(火)18時~
写真で伝える【イシノマキにいた時間】です!
会場は逗子文化プラザさざなみホール。
お近くにお住まいのみなさん、そして東京からもお待ちしています!
是非お越しください!

詳細はこちらから
http://www.ishinomakitime.com/


よろしくお願いします!


田口智也
12 : 02 : 06 | 田口智也 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑

2013年1月1日金華山へ

写真撮影は鈴木省一(ショーイチ)くん。



[広告] VPS



金華山、素敵な風景です。山頂まで、たかだか1,5キロメートル。そう思ってましたが、海抜444,9メートルは、登ってみると、いい運動でした。是非、一度お越しください。(勝手に観光協会気分)




15 : 54 : 59 | 福島カツシゲ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

東京公演ありがとうございました!

あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。


昨年末、いや、昨年末なんて書くと結構前の事の様に感じてしまいますが、一昨日まで公演していた【イシノマキにいた時間】
ご来場くださった皆さん、本当にありがとうございました!
座席を詰めて座っていただく等、ご迷惑をおかけいたしました。ご協力ありがとうございました。
そして、ご家族、ご友人、会社の仲間、上司、部下、ご近所の方々などなど、沢山の人に宣伝してくださったみなさん、本当にありがとうございました!

おかげさまで885名ものお客様が観に来てくださいました。
オッサン2人にポッチャリ1人しか出ていないのに、会場案内のスタッフの方がイケメンだらけなのに、こんなにも沢山の方々が!ありがとうございます!感謝の気持ちでいっぱいです。

さらに「2億4千万の剥き身」で、みなさんからお預かりした支援金は、1,136,210円集まりました。ご協力くださったみなさん、ありがとうございました!
みなさんからお預かりした大切な支援金とそのお気持ちを、牡蠣処理場の再建を目指す荒波牡蠣復活委員会に送らせていただきます。
イシノマキにいた時間HPでも詳細をご報告しています。



【イシノマキにいた時間】は今年3月に熊本県八代市での公演が決まりました。
八代市、熊本県内、さらには九州地方にお知り合いがいらっしゃるみなさん、お声をかけてください!またお力を貸してください!一緒に伝えてください!


WEB三~1

よろしくお願いいたします!


東京公演の模様は少しずつ更新していきま~す!


田口智也
19 : 59 : 47 | 田口智也 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |

プロフィール

ishinomakitime

Author:ishinomakitime
(左)福島カツシゲ
(中)田口智也
(右)石倉良信

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

福島カツシゲ (264)
石倉良信 (23)
田口智也 (212)
斉藤直樹 (10)
STAFF (2)
未分類 (17)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。