スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

楽屋で

前回のブログで、石倉さんがライダーと花火の製作秘話を書いてくれています。
石倉さんがライダーを担当してて、出来上がったライダースーツを稽古場に持ってきた時は、そのクオリティーの高さに驚き、同時に自分が担当している花火の完成度の低さに、正直もう投げ出したくなりました(;^_^A
それでも石倉さんのアドバイスと、公演中毎日会場へ来てくれて色々お手伝いをしてくれていたカンカンさん(日巻佳菜恵さん)に助けてもらい、何とか初日に間に合う事が出来ました。


そんな中、仕込みの日
楽屋では作業が一段落した石倉さんが



持参したアクマイザー3のフィギュアを撮影。
アクマイザー3は石ノ森章太郎原作の特撮テレビ番組で、石倉さんがファンらしく「かっこいいな~かっこいいな~!」と連呼し、角度を変えながらパシャパシャと(^^)
そんなハイテンションの石倉さんの横で、同じく仕事続きで睡眠不足のシゲさんが






こんな顔してました。
スポンサーサイト
18 : 06 : 06 | 田口智也 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

お久しぶりです

石倉です。
改めまして、東京公演にご来場下さった皆さん!
有難うございました!
今回も、沢山の協力者の皆さんのお陰で成功しました!

今回は芝居本編だけじゃなく、色々やることがありました。
ロビーまわりの写真展『いしのまきのあさ』や石巻物産展『美味想い市』は田口くんのブログでわかるように沢山の強力助っ人の皆さんに助けて頂きましたが

『今の石巻を伝える』のスライド後の衣裳は
ボクと田口くんの完全なる手造りだったのでホント大変でした(笑)

去年末の東京公演の時の荒波牡蠣も大変だったけど、今回もシゲさんの思い付きから決まった、仮面ライダーと花火も結構大変でした。。。

ライダー担当はボク。
花火担当は田口くん。

手芸好きのボクはまだ、ライダーを楽しんで造っていたけれど(笑)
田口くんはホント大変だったと思う。
あの太い指での針仕事。。想像するだけで面白い。
しかも花火をやるの決まったの、本番一週間切ってたし(笑)
どういう風にしたら飛んだときキレイに開くか試行錯誤しなきゃいけないから連日夜なべして造ってた田口くん。
もう、痩せちゃうんじゃないかって心配してたくらいだ(笑)

劇場入ってからも田口くんと二人で
『このモールはこうで、そのモールには何色のモールがいいですかねぇ。。』
『あ~。寒色系があったら良かったねぇ~』
『ハンズに売ってるかな?』
等の会話と作業が続いた。

そんなこんなで初日を迎え、日の目を見たライダーと花火。
皆さんに伝わってホント良かったです。。。


そして今、別の芝居の稽古してるんですが、ちょっと100円ショップに用事があって探し物をしていたら、初めて見た色のモールが売ってて


『うわ!田口くん!こんな色あったよ!』と喜んで手に取ってしまった。。。



東京公演が終わって何日も経っているのに
モールに反応してしまうなんて
ヤッパリあの時の作業は相当心に残ってんだろうなと思いました(笑)

きっと田口くんだったら
モール見つけたら喜んで買って、買ってから気付くんだろうな~。

今後は、シゲさんの思い付きは早めに云って貰おうと思います。

名古屋公演はどうなるんだろう。。。
12 : 24 : 06 | 石倉良信 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

鈴木省一写真展【いしのまきのあさ】

同じく会場ロビーでは、震災後すぐに石巻へ行き、今も石巻に住み活動を続けている写真家・鈴木省一さんの写真展【いしのまきのあさ】が開催されました。


「無くなってしまうと何十年とこの街に暮らしている私でも、そこ何があったのかわからなくなるの・・・」
と言った街の人の言葉をきっかけに、ショーイチさんは2013年の元旦から毎朝、朝日が昇る前に起床し石巻を撮り続けました。そして今回の東京公演で、ショーイチさんの強い想いを写真展という形で伝えられる事になりました。
ただ、写真展と言っても、どのようにやったのかいいかわからない僕たち。そこに強力な助っ人が現れたのです。アートディレクターの吉澤正美さんです。吉澤さんに今回の写真展のお話をすると「是非協力させてください!」と言っていただいて、ご多忙の中、何度も打ち合わせに参加してくださいました。そして、的確なアドバイスやアイデアを出してくださったおかげで、とても素敵な写真が完成しました。




ショーイチさんは皆さんに手伝ってもらいながら、1枚1枚丁寧に飾り、皆さんが帰られてからも退館時間ギリギリまで1人で続けました。








そして、完成!
fc2blog_20130810122134d84.jpg

さらに、入口から会場へ入ると

荻浜の写真がみなさんをお迎えしました。



はじめて石巻へ行った時、カメラを持っていかなかったというショーイチさん。活動を続けるうちに「伝えなければ」と自宅へ戻りカメラを持って再び石巻へ行きました。
ショーイチさんのパソコンには、何千枚何万枚と、当時から今までの写真が沢山入っています。
ですが今回の写真展で、当時の写真ではなく、元旦から撮り続けた【いしのまきのあさ】を選んだのには、「今の石巻」を伝えたいという大切な想いがあるからなのです。



そしてショーイチさんは、東京公演での写真展を終え、再び【いしのまきのあさ】を撮り始めています。
23 : 49 : 22 | 田口智也 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

石巻物産展【美味想い市(うまおもいいち)】

会場ロビーでは石巻物産展が開催されました。













石巻で作られた、石巻を感じれる品々。
美味しいのはもちろん、地元の方々の想いがたっぷり詰まったものが沢山あります。
そして、Tシャツや草履、大漁旗で作られたブレスレット等のオリジナルグッズや、震災当時の記録が記された書籍、シゲさんが編集長、石倉さんがデザインを担当した冊子「石巻通心」や、鈴木省一さんのフォトポストカードなどなど、多数販売しておりました。
その数なんと段ボール27箱分!


今回、ピースボートの皆さんの全面協力により石巻物産展を実現する事が出来ました。
東京と石巻とで連絡を取り合い、厳選した逸品。
東京ではPBVの皆さんが、石巻ではピースボートセンターいしのまきのアキさんが中心となり、みなさん同じ想いで「石巻の味と想いを届けたい!」と、猛暑の中、準備に手配にと奔走してくださいました。
みなさん本当にありがとうございます!


そして、当日会場には、お手伝いに来て下さり一緒に物産展を盛り上げてくれた方々も沢山いらっしゃいました。

こちらは開場前の打ち合わせの様子。


その内の1人

亀田さん。
亀田さんは毎週石巻や、伊豆、山口へ行き、ボランティア活動をされている方です。この日は山口での活動を終え、その足で会場まで駆け付けてくれました。

本当に沢山の方々がお力を貸してくれました。そして、みなさんもまた伝えたいという想いで大きな声をあげ盛り上げてくれました。
そのおかげで大量にあった品物が完売!ホントスゴいです!
石巻で協力してくださった皆さんに完売の報告ができます!

ご購入してくださったみなさん、ありがとうございました!
石巻の味を存分に楽しんでください!そして、また食べてください!
石巻にはおいしい食べ物、想いの詰まった物がいっぱいあります。
17 : 24 : 27 | 田口智也 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

奇跡のピアノ

【イシノマキにいた時間】のエンディングで流れるスライドに、音楽家の吉俣良さんが「添歩み(そゆみ)」という曲を書き下ろしてくださいました。
そして、全国で公演をさせていただく際は、吉俣さんも現地まで駆け付けて下さり会場でピアノの生演奏をしていただいておりました。しかも「現地集合、現地解散、夕御飯をごちそうになる」という『吉俣システム』で!
今までの東京公演では会場の都合上、ピアノの生演奏が出来なかったのですが、今回4度目の公演にして初の東京での生演奏が実現しました!


そして、今回使わせていただくピアノは、福島県いわき市の中学校で使われていたもので、津波の被害にあい、深く傷付いたピアノでした。地元でピアノショップを経営する調律師の遠藤さんがこのピアノを見つけ、「瓦礫にしたくない」と半年以上かけ、見事甦らせました。その音色は数々のピアノを演奏してきた吉俣さんが「すごく良い音」と絶賛するほどでした。

ただ、やはり海水をかぶり数ヶ月放置されていたこのピアノは、チューニングがすぐに狂うらしく、毎回調律し直さなければなりません。そこで遠藤さんは公演中、東京に滞在し、開演前に毎回調律をして下さっていました。



流れ落ちる大量の汗を拭いながら、「この音色を届けたい!」と、全身を使い調律する遠藤さんのその後ろ姿から、被災地の想い・願いが伝わってきます。


本番では、吉俣さんが心を込めてその「奇跡のピアノ」で温かなメロディーを奏でました。

ご来場の皆さんに確実に届いたと思います。



遠藤さんは言いました。
「1人の力は小さくても、みんな集まると大きくなるんだね。」


このピアノがまた色んな人に奏でられ、全国に想いが届く事を願っています。
14 : 14 : 49 | 田口智也 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

今日の石倉さん

本番まで3日。
観に来て下さるみなさんに、より伝わる様、丁寧に、時に大胆に、稽古しています。

今日も13時から稽古。前回ギリギリのシゲさんは余裕の到着でした^^
そして時刻は

12時58分。

あれ?石倉さんが・・・来てない!!
遅刻か!?

その時!
バタバダバダと勢いよく階段を降りる音がしたので、「間に合ったか~」なんて思っていたら、現れたのは、制作のみさおさん。
女性が重いパソコン持って、靴だって走れるもの履いていないのに、駅から走って来ました。
安堵の表情で「間に合ったー。」と一言。


その時、シゲさんが時計を指差す。

時計の針は13時を過ぎていた。
シゲさん「よし!」


「これ、ヨッさんに送って!」
石倉さんにこの画像を送ると、石倉さんからもう察したのか


「何がいいですか?」と返信。



音響の五井さんは毎回差し入れをしてくれて、今日もシュークリームとプリン、芋きんを差し入れしてくれました。

稽古中に甘い物は嬉しいですね!

それから十数分後

石倉さん到着。


五井さんがスイーツ買ってきてくれたと伝えたので、石倉さんが買ってきてくれたのは

寿司!!


みなさん打ち合わせ中で、あまり反応が良くなかったですが、僕は嬉しかったです!


五井さんのスイーツ食べて、石倉さんの寿司食べて、さぁ通し稽古!
稽古後は、メンバー、スタッフそれぞれ打ち合わせを。
く~ぅ!みなさんに見せたい写真があるんです!!いや~、載せたいけど、まだ載せられません!
その全貌は9日から新宿で!
公演詳細はコチラから!

みなさまのご来場お待ちしております!

01 : 28 : 09 | 田口智也 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑

今日のシゲさん

東京公演に向け、稽古始まっています!

本日の稽古。
石倉さんと僕、そして、制作さんが稽古場に到着し準備をしていると、バタンと勢いよく扉が開く。
その扉の向こうから、焦りと安堵、そして普段あまり見られない疲労の表情のシゲさん登場。



時刻は12時59分。稽古開始の1分前での出来事でした。


「うわ~もう、間に合わへんかと思たわ!」
1分でも遅刻すると差し入れをしなければいけないというルール(しかも大量)が、いつの間にか出来ていて、いや、差し入れをしたくないというより、遅刻はいけない!と、ダッシュで来たのだと思います。


無事1分前に稽古場に着いたシゲさんは椅子に座り

この表情!
相当急いで来た様子が伝わりますね。

背中は

この汗の量!
ちょっとシゲさん、こういうのは僕の担当ですから!しかも冬の僕!



走って走って、充分に体が温まったシゲさんは

絶好調!



稽古後は韓国料理店でスタミナを付け、明日の稽古に備えます。




そして、帰り
最寄りの駅の改札で

PASMOを見失ったのでした。




22 : 12 : 14 | 田口智也 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
| ホーム |

プロフィール

ishinomakitime

Author:ishinomakitime
(左)福島カツシゲ
(中)田口智也
(右)石倉良信

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

福島カツシゲ (264)
石倉良信 (23)
田口智也 (212)
斉藤直樹 (10)
STAFF (2)
未分類 (17)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。