スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

エールフェスタ荒波牡蠣販売中止のお知らせ

昨日のブログで、「ぜんろうさいエールフェスタ2013」で、鹿立・福貴浦浜の荒波牡蠣販売のお知らせをいたしましたが、台風の影響のため、テント設営が困難と判断し、販売を中止することになったそうです。
楽しみにしていた方、すみません。
荒波牡蠣復活委員会では、また新たな企画を考えているそうなので、決まりましたらこちらでもお伝えしたいと思います。よろしくお願いいたします。

尚、エールフェスタは予定通り開催されるそうなので、お時間ありましたら、是非お立ち寄りください。

ぜんろうさいエールフェスタ2013
■会場  全労済ホール/スペースゼロ(渋谷区代々木2-12-10 全労済会館)新宿駅南口徒歩5分
■日時  10月26日(土)、27日(日)10時~18時




スポンサーサイト
18 : 14 : 04 | 田口智也 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

今週末は新宿へ!

昨年10月、今年8月に公演をさせていただいた新宿の全労済ホール/スペースゼロで「エールフェスタ」が開催され、僕たちも写真で伝える【イシノマキにいた時間】として、参加させていただきました。その模様はコチラ
そして、会場では震災後、初めて水揚げされた鹿立・福貴浦の荒波牡蠣が販売されました。その水揚げされた模様はコチラ


その「エールフェスタ」が今年も開催されます!
映画やミュージカル、トークショーなど沢山のイベントが催されるみたいです。
そして、今年も会場で荒波牡蠣の販売が行われます!
fc2blog_20121021111627d59.jpg

fc2blog_20121021111529501.jpg
昨年は焼き牡蠣で販売。
はたして今年はどんな荒波牡蠣を食べられるのでしょうか?

今週末は新宿に集合です!!!




ぜんろうさいエールフェスタ2013
■会場  全労済ホール/スペースゼロ(渋谷区代々木2-12-10 全労済会館)新宿駅南口徒歩5分
■日時  10月26日(土)、27日(日)10時~18時


16 : 13 : 54 | 田口智也 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

12月1日石巻公演

12月1日(日)宮城県石巻市での公演が決まり、只今チケット発売中でございます!

昨年7月に行われた石巻公演。その時は、当時石巻でボランティア活動をされていたPBVの方々に協力していただきました。
今回の石巻再演は、今年5・6月の仙台公演を石巻の方々が観に来てくださり、この作品を石巻で上演してほしいと、石巻の皆さんが実行委員会を立ちあげてくださいました。今この時も、宣伝・準備にと奔走してくれております。また、公演内の企画で会場等の都合上一度断念した企画を、何としてでもやってほしいと、あらゆる方法を考え実現可能にしてくださいました。実行委員長はじめ委員会の皆さんの熱い熱い想いに、胸が熱くなりました。

【イシノマキにいた時間】を石巻で、石巻の皆さんが支えてくれる事は、本当にうれしく、また、とてつもなく大きなパワーになります。そして、今回もまたPBVの皆さんのお力もお借りいたします。
みなさん、よろしくおねがいします!


昨年7月の公演の時は、まだ観れない、観たくない、観てる場合じゃない、という方々もいらっしゃったと思います。その時から少し時間が経ち、もちろん、時間だけがそうさせているわけではないと思いますが、もしかしたら、今なら観れる、観に行ける、という方がいらっしゃっいましたら、是非ご覧になっていただきたい作品です。

今回は12時と16時の2公演。
12月1日(日)、キャスト、スタッフ、実行委員、PBV、後援・協力してくださった企業・団体のみなさん、全員で同じ想いで、皆様のご来場をお待ちしております。

2013石~2


【会場】石巻市中央公民館 大ホール(石巻市日和が丘1-2-7)
【開演】12:00 (開場11:30)
     16:00 (開場15:30)
【料金】1,000円(税込・全席自由席・未就学児入場不可)
【チケット発売】前売り発売中!!
*チケット予約・お問合せ TEL 080-5565-0849(尾形)
(電話予約の方は、当日開演30分までに受付でチケット精算をお願いします)
*ピースボートセンターいしのまき 石巻市立町1-5-21
(直接販売のみ/10時〜18時/不定休)

【主催】「イシノマキにいた時間」2013 石巻公演実行委員会
【後援】石巻市 石巻市教育委員会 東松島市 東松島市教育委員会
     石巻市社会福祉協議会 河北新報社 石巻かほく 石巻日日新聞 ラジオ石巻FM76.4
【協力】石巻こども劇場 ピースボート災害ボランティアセンター 街づくりまんぼう
     高島屋製菓店 ぐるんぱ文庫 宮城クリニック いしのまき市民劇団「夢まき座」
     おもちゃの図書館「あそぼ」 小野歯科医院 エーツー渥美自動車 本郷歯科医院
     みやぎ生活協同組合 二宮歯科医院 ISHINOMAKI 2.0 アイトピア商店街振興会
     立町大通り商店街振興組合 橋通り商店街 ことぶき町商店街 寿町みなみ通り会
     市役所大通り会 石巻立町復興ふれあい商店街(登録順・9/10時点)




01 : 35 : 33 | 田口智也 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

第6回『トモ食い』&吉俣良さんミニコンサートその6

その後、みんなでごはんを食べに行きました。


向かった先はこちら



鮎川のおしかのれん街にある「海船」さん。

ここは過去のトモ食いで一度来た事があり、自家製穴子丼に感動したお店です。ぜひみんなに食べてもらいたくて、このお店を選びました。

みんな腹を空かせて出来上がりを待ちます。



鍋でじっくり煮込まれた穴子はとても柔らかく、タレが染みてとても良い色をしています。



丁寧に取り出された穴子は皿に移され、バーナーで炙られ香ばしさが増します。

そして完成。



この艶!
お箸で挟むと、全く力を入れなくても切れてしまうぐらい柔らかい。崩れないよう優しく持ち、ゆっくり口の中へ。そして、目を閉じる。



うまい。



これです、この穴子丼です。素材の味が生きてて、タレは甘すぎず、口いっぱいに穴子が広がる。タレが染みた脂ののった穴子を頬張ると、ちょっと口の中がしつこくなりがちですが、そこは気の利いたさっぱりとしたきゅうりが助けてくれて、うまく調和が取れています。みんなも「美味しい美味しい!」と絶賛。

石森さんはごはんをおかわりしてました(^^)


大満足で完食!あーおいしかったー!



食後、みんなからのフリもあり、アレスさんがその場でマジックを披露することになりました。しかし、トランプを車に置いてきており、出来ないかと思いきや「名刺貸してください」とアレスさん。



お店の名刺を使わせてもらい、1枚の名刺に目印を書き、その名刺を名刺の束の中へ。
ポンと指を鳴らすと、その目印を書いた名刺が一番上に上がって来る!そう、昨夜見せてもらったトランプマジックを、お店にあった何のタネも仕掛けも無い名刺でいとも簡単にやってしまったのです!


ご主人とおかみさん「お~!え~!何で~!」

プロのマジシャンはすごいなーと改めて実感し、店を出ようとしたら隣で石森さんがおかみさんに
「ちょっと手出して。」




ま、ま、まさか!











やっぱり
fc2_2013-09-27_16-47-39-910.jpg
昨日の催眠術をやろうとしてる・・・




「この指ぜってぇ離れねぇかんね。ほい!」




すると
おかみさん、スッと指を離す。
そりゃそうだ。



「ごちそうさーん!」と何事も無かったかのように笑顔でお店を出る石森さん。
さすがです。




楽しかった食事の後は、石森さんがみんなに連れて行きたい場所があると、とある所まで連れて行ってもらいました。そこは鮎川から10分もかからない「御番所公園」。
車を降りると

超絶景!!


そして、この場所よりも高い金華山を見下ろせる不思議な感覚があります。


普段は霧でなかなか見れないそうですが、今日は快晴で最高でした!写真でうまく伝わらないのが残念!是非一度ご自分の目見てください!とにかく牡鹿半島の先端から見える大平洋が広大ですごいんです!360度の大パノラマです!





地図でいうと

ココです!牡鹿半島の先端です。
ここから見える初日の出は、富士山から見る初日の出よりも早く見えるそうですよ。大晦日はカップルでいっぱいだそうです。



石森さん、連れて行ってくれてありがとうございました!




そして
そろそろ帰る時間となってしまいました。
『トモ食い』と『吉俣良さんミニコンサート』の2日間、あっという間に終わってしまいました。
たくさん食べて、たくさんしゃべって、たくさん笑って、たくさん感じた2日間でした。お付き合い下さった皆さん、ありがとうございました!




次回は食欲の秋に来たいと思います。

田口智也
15 : 56 : 06 | 田口智也 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

第6回『トモ食い』&吉俣良さんミニコンサートその5

5時30分に目覚めた僕は、乱れた髪もそのままに朝日が昇る浜へと向かいました。





穏やかな朝の浜の音、匂いを感じながら深呼吸。





朝日を浴びる鹿立共同カキ処理場。



しばらく散歩した後、談話室に戻り乱れた髪を直し、先ずは五井さんとアレスさんと合流。
そして、石森さんにお願いをしてカキ処理場の中を見せてもらいました。











石森さんが、丁寧にカキ剥きの作業の行程を説明しながら処理場内を案内してくれます。
カキ処理場は、国の補助を引いた分の建設費を浜の漁師さん達がそれぞれ負担しなければならないため、出来る限りコストを削減し、それでも効率よく作業のしやすいよう、窓にスモークを貼ったり、加工室を作るなど、色んなアイデアが組み込まれているそうです。
諸々の検査などを終えると、いよいよ作業が開始されます。
漁師さんが命をかけ、外海の荒波で育てたプリップリの荒波牡蠣が、浜のお母さんたちの手によってこの処理場で優しく剥かれ、全国に届くのです。



ここで一度鹿立を離れ、石巻市内で吉俣さんと合流。
そして、再び鹿立へ行き、再び石森さんに処理場を案内してもらいました。



石森さん、荒波Tシャツ黒から白へ!






処理場内の説明から、外へ出て荒波牡蠣の育て方などなど、中々聞けない貴重なお話を聞かせてもらいました。



鹿立浜で愛情込めて育てられた荒波牡蠣を全国の人に食べてもらいたいと切に願っています。




01 : 12 : 15 | 田口智也 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |

プロフィール

ishinomakitime

Author:ishinomakitime
(左)福島カツシゲ
(中)田口智也
(右)石倉良信

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

福島カツシゲ (264)
石倉良信 (23)
田口智也 (212)
斉藤直樹 (10)
STAFF (2)
未分類 (17)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。