スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

北海道公演 その8

9月10日。
【キッカケの場所】二日目。

この日は会場に13時入りだったので、札幌で有名なハンバーグのお店、「カリー軒」へ!





「おぉ!噂には聞いていましたが、あなたがカリー軒さんのハンバーグですか。どうも、はじめまして。」

カウンター席でのご対面はいささか緊張気味でしたが、ナイフを入れさせていただくと

名刺代わりに肉汁を出してきました。ならばそれに応えるべく、一気に頬張らせていただきます。
おぉ!おいしい~!うんうん、やはり噂通りのお方です!
目の前にいるご主人は、丁寧にじっくりとこの極上ハンバーグを育てていらっしゃいました。

夢のご対面ありがとうございました!ごちそうさまでした!





さ、お腹も満足し劇場入りです!

本番前、シゲさんと亜樹さんは二人のシーンを稽古。


石倉さんと綾濃さんも念入りに確認。


二組の稽古が終わり、よし次は僕が稽古をしようと舞台上に向かったその時!階段を降り切ったと思ったら、あれ?床が無い!
と思った瞬間!



どっかーん!

階段を一段踏み外し、103kgが左足首に・・・(^_^;)
急いで冷やし、安静・・・。痛み止めを飲んでテーピングで固めてもらい本番をむかえました。



そして【キッカケの場所】二日目本番!
P1130932.jpg

P1130939.jpg
この日も大勢の方に来ていただけました!ありがとうございました!
こうして、富良野・札幌での【キッカケの場所】の上演が終了。富良野塾OBの栗栖綾濃さん、クリエイティブオフィスキューの小橋亜樹さんに参加していただき、また新たな【キッカケの場所】が生まれ、沢山の方に「今」を届ける事が出来たと思います。本当にありがとうございました!





しかし!北海道公演はまだまだ続きます!
9月11日。
翌日の【イシノマキにいた時間】釧路公演へ向け、荷物を車に積み大移動!道内とはいえ札幌→釧路は324km。東京→仙台と同じ距離があります。やっぱり、北海道はでっかい・・・ですね~。


この日、北海道では朝から記録的な大雨でした。

出発する時は大雨は少しおさまりましたが、警戒は必要です。


道東自動車道をひたすら進み
10660918_703035119772093_2105106533_n.jpg
途中、由仁P.Aで名作を演じ、太田工場長に「遊んでないで早く行け!」と言われて


次に「富良野チームで!」という声に応えた工場長、九さん、綾濃さんは

とてもいい画だ!しかも、工場長、まんざらでも無いご様子で



九さんと綾濃さんが抜けた後も、撮影会はしばらく続きました。






移動を再開し、十勝に着いたころ、外は

再び猛烈な雨と霧で、周りが真っ白。先が見にくい状況での慎重な移動となりました。



そして車内では

即身成仏。
お疲れ様です。




さぁ!まもなく釧路に到着です!





スポンサーサイト
13 : 45 : 01 | 田口智也 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

北海道公演 その7

9月8日。

富良野公演を終えて、再び札幌へ向かいます!
天候にも恵まれ、北海道の自然を感じながらながら移動。





IMG_1979.jpg
5日ぶりのcube garden。

昨日まで一緒だった照明の小川ちゃんが別仕事で帰京したため、今日から照明の森さんが来てくれました。




この日は仕込み、場当たりをして終了。



翌日。
ゲネプロを終えて、開演時間までそれぞれ最終チェックに入ります。

シゲさんと亜樹さんは二人のシーンをギリギリまで稽古をし


綾濃さんは小道具の確認・準備


石倉さんは

チョット休憩~

そう言えば、1年半前の札幌公演本番前も



寝てましたね。いや、きっと集中しているんだと思います。


そして僕は

作っていただいたスパイシーカレーをお先にいただいていました!
スパイシーだけあって、この辛さ!いいですね!カレーが気合いを注入して「頑張れよ!」って言ってくれています。そして、北海道産の白米がやさしく応援してくれます。
ありがとう、カレー!



そしていよいよ本番です!


IMG_1983.jpg
会場には沢山の方が来てくれました。

P1130826.jpg
石巻をキッカケに今それぞれの場所で生きている人たちを描き演じ、モデルになった人たちの想い、そして自分の想いを込め伝えた1時間30分でした。



13 : 34 : 16 | 田口智也 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

北海道公演 その6

9月7日。

いよいよ【キッカケの場所】本番です!
スーパースタッフのみなさんは、昨夜2時まで作業してくださっていたのにも関わらず、朝からバンバン準備されていました!すごい!


本日1回目は11時の開演。午前中の公演というのはあまり多くはないのですが、テンションマックスで挑みます。会場には大勢のお客様が来てくださいました。東京公演以来、富良野で初めての【キッカケの場所】。ご覧になっていただく皆さんにどう伝わるのか、少々不安でしたが精一杯やらせていただきました!




終演後、楽屋で次の回の準備をしていると、どこからともなく「ごはんだよ~。」と聞こえてきます。この「ごはんだよ~」という響きが大好きで、この言葉だけでも、もう力が湧いてくるんです!
DSC09166.jpg
用意してくださったのは、THEおにぎり!この後も本番なので、ガッツリよりは軽く食べられる、というお心遣いがとても嬉しいココロ温まるメニューです。しかし!おにぎりというのはシンプルだけど奥が深い。ただ握ればいいってもんじゃない!作り手の優しさ・愛情がダイレクトに伝わってくる最高の一品なんです。お芝居もこのおにぎりのようにストレートに想いを伝えるのが一番なんじゃないかと思います。



そしてキャスト・スタッフみんなで美味しいモノを一緒に食べる。これがまたいいんです!



結局、本番前に軽くいただくつもりが、おかわりまでして、ガッツリいただいちゃいました^^



食事を終えると、綾濃さんと亜樹さんは、次の公演に向けそれぞれステージ上で自主稽古をされております。



そして本番!
さきほど食べたおにぎりの様に、まっすぐ想いを届けたいと思います!
DSC09197.jpg
会場にはたくさんの方が観に来てくださいました。本当にありがとうございました!



こうして富良野公演は無事終了いたしました。【イシノマキにいた時間】と【キッカケの場所】の連続上演はスーパースタッフのみなさんのお力、そして、支えて応援してくださった皆さんのおかげで、実現する事が出来ました。感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました!



バラシも終わり、実行委員会のみなさんとお食事をし、さぁ、帰ろうとなり、綾濃さんの車に乗る僕と石倉さんと九さん。
すると、見送ってくれた五井さんから電話があり

「タイヤ、パンクしてるよ!!!」

って!パ、パ、パンク!

慌てて飛び降りると確かにパンクしている!大概こういう時は僕が乗ったからという事になりますが(笑)今回は僕が座った座席とは反対側の方のタイヤがパンクなんです。すると、綾濃さん、「あ、パンクしちゃいましたね~」と慌てる様子無し!えっ?なぜ!?


そうです、この車には舞台監督の九さんが同乗していたからです。そして、後ろから実行委員の郡司さんも駆け付け、二人でパパッとスペアタイヤを取り付け!




DSC09226.jpg
富良野の道がサーキット、お借りした会社の駐車場にピットイン!あっという間にタイヤチェンジが完了!そんな、F1を見ているかのよう!


スタッフさんの力は偉大だなと感じた富良野の夜でした。




13 : 00 : 13 | 田口智也 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

北海道公演 その5

9月6日。
富良野公演2日目。

演劇工場に入り、前日の修正や本番の準備等を終えると、ロビーから「そばだよ~!」と大きな声が!
ロビーへ行ってみると


DSC09055.jpg
ジイとバアが、名物の夫婦そばを作ってくれてました。


ジイがそばを打ち、ゆでて、バアが盛りつけて出す!その連携プレーで最高のそばをいただきます!
DSC09051.jpg
うまいっ!!やっぱうまいなぁ!
ジイとバアの想いのこもったそばを食べながら思う。やっぱり想いを込めるということはとても大切なんだと。うん、想いを込めて演じなければ。ジイとバアが作ってくれたそばから教えてもらいました。




さぁ!【イシノマキにいた時間】2日目本番です!
DSC09062.jpg
この日も大勢のお客様にお越しいただきました。終演後は写真展をじっくりご覧になられたり、物産展でご購入して下さったり、壁に貼られたQRコードを読み取り「web版・石巻通心」を読んで下さったり。舞台上からだけではなく、演劇工場全体で「石巻」を伝えることができたと思います。
ご来場くださったみなさん、ありがとうございました!



そして本番が終わり、と同時に【キッカケの場所】の仕込みに入ります。




ずっと【イシノマキにいた時間】の公演をお手伝いしてくださっていた富良野塾OBの栗栖綾濃さん(左)も、ここから役者モードになり、演劇工場には【キッカケの場所】に出演する小橋亜樹さん(右)も到着しました。お住まいがそれぞれ東京と北海道という事もあり、これまで全員そろうことができませんでしたが、やっと全員集合。
石倉さんに「これで全員揃いましたね!!」と言うと








ルーペで苔見てた。しかも自分で作った苔スマホケースの苔を。
今ですか?・・・このタイミングでですか!?



舞台上では、照明の三浦さんと小川ちゃん、音響の五井さん、そして太田工場長と舞台監督の九さん、演劇工場のみなさんの、スーパースタッフ軍団がバラシながら仕込む怒涛のバラジコミ(そんな言葉ないですが(^_^;))をしてくださっており、深夜2時まで続き、スーパースタッフの皆さんのおかげで翌日本番を迎える事が出来ました。本当にありがとうございました!



いよいよ【キッカケの場所】本番です!




00 : 15 : 06 | 田口智也 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

改めてまして、北海道ツアーのお礼



改めまして

北海道ツアー。
札幌、富良野、釧路と『イシノマキにいた時間』&『キッカケの場所』の連続公演にご来場下さった皆さん有難うございました!

そして、アユミさんや太田工場長を初め、オフィスキューや富良野演劇工場のスタッフの皆さん、、富良野や釧路の実行委員の皆さん、そしてHTBや各地の協力して下さった皆さんや東京に残ったITとクリエイティブスタッフ、本当に有難うございました!

そしてそして!
毎回、忙しい中、ゲスト出演してくれる吉俣さんにも感謝です。
今回も夕飯ご馳走さまでした!(笑)

『キッカケの場所』では、北海道の女優、アキちゃんとアヤノちゃんの参加してくれて、舞台上が少し華やかになりました(笑)
二人の存在は偉大でした!

本当にたくさんの方々のお陰で北海道ツアーが成功しました!!
もう、感謝しかありません!

でもやっぱりアレですね。連続公演って、相当大変ですね(笑)

演る方も、裏方も、呼ぶ方も。。

だけどね。
大変だったけと、ボクにはとても色んなコトを感じられた公演でした。

まず、北海道って、デッカイと云うこと(笑)

道内ツアーっ云ってもデカ過ぎて移動が大変でしたわ。
結構距離有るのねぇ~(笑)

あと
この作品たちの『伝えるチカラ』の凄さ。

観たコトのある人も、初めて観た人も、改めてちゃんと感じてくれているんだなぁと。

終演後にロビーで挨拶をしている時に、お客さんの顔を見ているととても感じました。

『イシノマキにいた時間』の時と『キッカケの場所』の時の、終演後のロビーでのお客さんの表情は、やっぱり少し違って見えました。

作品の鋭さと云うものが二作品では少し違うし。。

『伝えたいコト』が届いているなぁと。。。

なので、初めはチケットの売れ行きもそんなに良くなかったのに初日が明けると一気に予約や当日券が出るのです(いつもそう(笑)もう、オッサン二人とポッチャリ一人の宿命ですかね。。)
そうなると後半はお客さんがパンパンになって、どうやって席作るか的な話しにもなっていた程でした。

初日まではお客さんがどこまで来るかわからない不安と宣伝の苦労もたくさんあって、つくづく、初めから動員力があったらいいなぁ~と。
(でもね、初めに三人で決めたコトがあって、『お客さんがどんだけ少なくても全力で伝えよう!ただ、お客さんが三人しか居なかったら一緒に呑みに行こう!そしてマンツーマンで、あの頃の石巻を伝えよう!』って(笑))←まぁ、まだそれは実行されたことは無いケドね(笑)

そして思うのは、各地の実行委員の皆さんの頑張りのお陰と云うコト。
やっぱりボクらだけじゃ各地の会場をあんなに埋められない訳だし。。

そう考えると今までの実行委員の方々にも改めて感謝です。
全国各地で上演が出来て、あんなにたくさんの人たちを会場まで呼んでくれたんだもんなぁ。。。

『マンパワー』って凄いなぁ~。
『気持ち』って大事なんだなぁ~。

と。

結果、10,000人以上の方が『イシノマキにいた時間』を観てくれている。
本当に有難いです。

大変だったけど、連続公演をやってみたからこそ感じたコトでもありました。

あ~、なんか今までの実行委員の人たちみんなで集まって、呑み会したくなってきた!!(笑)
下北沢の居酒屋に集合して、みんなで呑めたら最高だなぁ~。。。
実行委員サミット開きたいなぁ~。


今年は6月末から富良野で『100年GO!』の稽古から始まって、函館家族旅行もあり、今回の北海道ツアーと、北海道漬けの夏でしたが

北海道はイイ所だなぁとしみじみ思いました。

今度はユックリ、冬の北海道も感じに来たいと思います。







石倉良信
12 : 45 : 14 | 石倉良信 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

北海道公演 その4

9月5日。
いよいよ、【イシノマキにいた時間】富良野公演です。
ロビー、ステージ上も準備は整いました。





吉俣さんも札幌から富良野へ移動し、グランドピアノで生演奏をしていただけます。


開演前には、シンガポールライスと富良野メロンをいただきました!



この日作ってくれたシンガポールライスは、いつも美味しいご飯を作ってくださっている秋田さんの新作だそうです。新作ってやっぱり作った方は食べた人の反応が気になるでしょうし、食べる方はどんな料理なのか期待します。【キッカケの場所】も富良野では初公演なので、公演前からとても緊張していました。


あーいやいや、【キッカケの場所】で緊張する前に、まずは【イシノマキにいた時間】を全力で!
さぁ!本番がやってまいりました!
DSC09201.jpg
ご観劇される方の多くは車でのご来場になります。

DSC09195.jpg
実行委員のみなさんが、一台一台丁寧に誘導してくださっています。こうした実行委員のみなさんの支えがあって公演が出来ております。本当にありがとうございます。


DSC09061.jpg
ぞくぞくとご来場され、客席が埋められていきます。

DSC09203.jpg
開演までの間、写真展をじっくりとご覧になられている方も多くいらっしゃいました。




そして本番。
fc2_2014-09-10_16-30-42-197.jpg

DSC05869.jpg

DSC05880.jpg
富良野で2度目の【イシノマキにいた時間】。2年前の富良野公演の時とは、石巻も僕たちもご覧になられた方たちも少しずつ変わっていっています。だからこそ、僕らも今をしっかり捉えて伝えなければいけないのだと思います。



終演後には、写真展と物産展にたくさんの方が足を運んでくれました。
DSC09157.jpg

DSC09024.jpg

【イシノマキにいた時間】にご来場のみなさん、ありがとうございました!







終演後、実行委員会のみなさんとお食事をしていると突然お店の明かりが消えます!


なんと、翌9月6日は吉俣良さんの誕生日です!吉俣さんは翌日帰京されてしまうので、前日にみんなでサプライズでお祝い!
DSC09043.jpg
なんだか、ケーキ持ってる郡司さんが誕生日みたいになってますが、吉俣さんがお誕生日です!


一昨年の富良野公演の時も、吉俣さんがちょうどお誕生日で、その時もみんなでサプライズをしまして^^

(2012年9月6日撮影)



DSC08895.jpg
今回、実行委員会のみなさんからは、その時の写真がプリントされたワインのプレゼント!



吉俣さんおめでとうございます!!




そして僕は、バースデーケーキを
DSC09045.jpg
狙っています。




15 : 48 : 34 | 田口智也 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

北海道公演 その3

9月4日。

札幌公演を終え、キャスト・スタッフは富良野へ移動します。



富良野公演の会場の富良野演劇工場に到着。



2012年9月以来、2年ぶりの演劇工場。シゲさんと石倉さんは別作品で演出や出演をされてましたが、僕は前回の【イシノマキにいた時間】以来になります。





今回の富良野公演では、写真家、鈴木省一さん、平井慶祐さん、上野祥法さんによる写真展、そして、想いの詰まった美味しいモノやグッズを揃えた物産展も同時開催しました。
ご来場のお客様にきちんと伝わるよう、総動員で、演劇工場のスタッフのみなさんのお力をお借りし、準備に取り掛かりました。試行錯誤を繰り返し、作業は深夜まで続き、そして翌日にはとてもステキな写真展、物産展が出来上がりました。







3人の写真家たちのそれぞれの想いを感じてもらえたらと思います。





会場で販売されたポストカード。ご自宅でまた見てもらいたい、また、メッセージを添えて大切な人に送っていただけたらと思います。













想いの詰まった美味しいモノ。それぞれにかけがえのない想いがあり、その想いを知ってもらえたらと思います。




22 : 38 : 10 | 田口智也 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

北海道公演 その2

9月3日。

【イシノマキにいた時間】札幌公演本番日です。
ゲネプロ(本番さながらのリハーサル)を終えると、オフィスキューさんからグリーンカレーのケータリングが!



とても美味しくて力が湧きました!




19時。
いよいよ本番!
今回もご多忙の中、吉俣良さんが札幌まで駆け付けてくださいました。
DSC05729.jpg

DSC05782.jpg
想いを込めて、エンディング曲「添歩み(そゆみ)」を生演奏してくださいました。



cube gardenへお越しくださったみなさん、ありがとうございました!前回の公演に来れなかった方、前も観たけどまた来てくださった方、今回初めて公演を知って来てくださった方、知人に勧められて来たという方等々、道内に限らず全国から来てくださいました。そして、公演情報を沢山拡散してくださったみなさん、ありがとうございました!みなさんのお力添えのおかげで、平日にもかかわらず多くの方に観に来ていただきました。
1972442_562899257173019_7435689789041105818_n.jpg


観に来てくださった方から頂いたお言葉を胸に、翌日、富良野へと向かいました。
また5日後、【キッカケの場所】で札幌に戻ってきます。


16 : 27 : 40 | 田口智也 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

北海道公演 その1

9月3日~12日。

いつも【イシノマキにいた時間】を応援してくださっている富良野演劇工場さんとクリエイティブオフィスキューさんの共同プロジェクトで、札幌・富良野で【イシノマキにいた時間】【キッカケの場所】の2作品連続上演をさせていただき、また、釧路でも、実行委員会を設立してもらい、【イシノマキにいた時間】を公演させていただきました。
 【イシノマキにいた時間】は、札幌では3度目、富良野では2度目、釧路では初めての公演となり、【キッカケの場所】は昨年末の東京公演以来となります。また、【キッカケの場所】には、富良野塾OBの栗栖綾濃さんと、オフィスキューの小橋亜樹さんに出演していただき、新たな作品も生まれました。
企画、協力して下さった富良野演劇工場の太田工場長、クリエイティブオフィスキューの鈴井社長、釧路実行委員長の澤田さんをはじめ、お力を貸してただいたみなさんには、感謝の気持ちでいっぱいです。



8月31日。
北海道公演に向け、僕と石倉さんが富良野入り。シゲさんは別仕事ですでに富良野入りしておりました。そして翌9月1日、富良野演劇工場をお借りして稽古をさせて頂きました。

実際にステージを使わせていただけるという贅沢な環境での稽古。綾濃さんも参加し集中してみっちり稽古。



9月2日

天候にも恵まれ、富良野からキャスト、演劇工場の太田工場長、舞台監督の九さんと一緒に札幌入り。照明・音響・制作スタッフは東京から札幌入りし、札幌公演の会場、cube gardenに集結。


2012年12月以来1年10カ月ぶりのcube garden。
やっぱり素敵な空間です。


頼もしいスタッフの手際の良い作業により、あっという間に仕込み完了。
場当たりも順調に進み、この日は終了。


いよいよ翌日は札幌で3度目の【イシノマキにいた時間】です!


15 : 10 : 05 | 田口智也 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

【イシノマキにいた時間】【キッカケの場所】北海道公演

みなさん。こんにちは!田口智也です。

只今、【イシノマキにいた時間】【キッカケの場所】北海道ツアー中でございます!

札幌・富良野・釧路での公演。

お越しいただいた皆様!ありがとうございました!

そしてこれからお越しいただく予定の皆様!お待ちしております!

北海道ツアーが終わりましたら、改めてご報告いたします!

少々お待ち下さい。






田口智也


16 : 27 : 31 | 田口智也 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |

プロフィール

ishinomakitime

Author:ishinomakitime
(左)福島カツシゲ
(中)田口智也
(右)石倉良信

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

福島カツシゲ (264)
石倉良信 (23)
田口智也 (212)
斉藤直樹 (10)
STAFF (2)
未分類 (17)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。