スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

当麻町公演本番当日

当麻町公演本番当日。


あいにくの雨模様ですが、元気に会場入り



諸々チェックを終え、最終稽古。



稽古の合間には

石倉さんは柔軟。シゲさんは最近やっているという体幹トレーニング。
継続が大事です。


僕は

当麻町名物「でんすけすいかサイダー」と、「でんすけすいかようかん」で体内トレーニング。
継続が大事です。



それぞれ本番に向け、準備をしているとあの男がやってきた!





ヒロヤ登場!彼も石巻でボランティア活動をしていて、現在は旭川の牧場で働いています。何度も見ている舞台ですが、今回も駆け付けてくれました。嬉しいですね。




そしていよいよ本番。
当麻町教育委員会のみなさんや携わってくださった方が呼びかけてくれたおかげもあり、会場は満員。



こんなにたくさんの方が会場まで足を運んでくれました。中学生や高校生も観に来てくれて、アンケートに想いをしっかりと書いて、声を届けてくれました。


年内の「イシノマキにいた時間」は当麻町で最後です。
来年3月には震災から5年が経ちます。

決して一方通行にはならないように、伝えたい想いをしっかりと持っていきたいと思います。

今年もありがとうございました。



田口智也



スポンサーサイト
11 : 36 : 35 | 田口智也 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

北海道当麻町公演

新潟県胎内市での公演を終え、その5日後には北海道当麻町での公演です。


当麻町では、石巻にピアノを送った事をキッカケに、石巻市立湊小学校との交流が始まり、今年の夏には石巻から児童が当麻町を訪れたそうです。当麻町の伝統文化よさこいを披露したり、一緒にバーベキューや合唱など、北海道で楽しい3日間を過ごしたようです。



湊小の児童が当麻町へ送った寄せ書き。



そんなご縁を感じる当麻町。
今回の公演も、当麻町教育委員会が「是非当麻町でやってください」と、お声をかけてくれたことで実現することができました。




本番前日。仕込みの為、当麻町入り。

北海道はきれいな雪景色です。



会場は当麻町公民館「まとまーる」




再び現れた季節感のない二人。

というより、石倉さんは今の季節に相応な格好で、シゲさんの服装がこのロケーションにおかしいわけで・・・。



後ろ向いてる野生の「ウワギナシツナギ」に見えてくるわけで・・・。



当麻町公民館「まとまーる」

由来は、力がひとつにまとまって、さらに町が発展するようにと、中学1年生の女子生徒が考えたそうです。
まとまーる・・・まとうまーる・・・ま当麻ーる。ステキな名前ですね。











林業が盛んな当麻町。建物の材木の90%は当麻産の材木を使用しているそうで、木のぬくもりを身体いっぱいに感じられます。




今回の公演は富良野演劇工場のスタッフの皆さんに協力していただきました。9月に行われた北海道小平町、洞爺湖町での公演以来となります。


制作の太田工場長。



照明の広瀬さん。



音響の淳さん。



舞台監督の九さん。
奇跡の1枚。めっちゃスピード速そう。



いやぁ、もうとにかく仕込みが早い早い。さすが富良野で鍛えられたスーパースタッフのみなさんです。

あっという間に仕込み完了!



そして完成した舞台で早速稽古。

こちらもものすごいスピード感。



さぁ、明日はいよいよ本番です!



17 : 03 : 47 | 田口智也 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |

プロフィール

ishinomakitime

Author:ishinomakitime
(左)福島カツシゲ
(中)田口智也
(右)石倉良信

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

福島カツシゲ (264)
石倉良信 (23)
田口智也 (212)
斉藤直樹 (10)
STAFF (2)
未分類 (17)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。