スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

第二回『トモ食い~石巻を食べ歩き~』その2

福貴浦でみなさんとお別れし、鮎川へ向かいます。

鮎川にはシゲさんオススメの穴子丼があるそうで、朝から何も食べていない僕は、唾出まくりの運転になります。



小網倉浜まで行き、そこから15分ほどで鮎川に到着。
そこにある仮設商店街


「おしかのれん街」


ここの一番奥にあるのが


「お食事処 海船」さん


店内に入ると若い亭主と奥さんが元気にお出迎え。
カウンターには数名のお客さんが居て、既に食べ終えた丼が置かれている。米が一粒も残っていない丼を見て、これは間違いないと期待しながらカウンターへ座る。

お品書きには、そそられる「海船丼」が書かれていたが、迷う事なく「穴子丼」を注文。

カウンターからキッチンを覗くと、亭主が鍋から丁寧に穴子を取り出す。ホント丁寧に。この手作業から、穴子の柔らかさがうかがえる。

数分後

出てきたのが

「自家製穴子丼」


空腹を我慢し写真を1枚。
そして、一口。




うまいっ!!

ものすごくうまいっ!!

口の中にまだ残っているのに、箸で次の一口をよそって待機させちゃうぐらいうまいっ!



いやぁびっくりした!
こんな穴子丼は初めてです。ボリュームもあり、食べごたえ充分。あら汁もうまかったな~。
ペロリと完食いたしました。
シゲさん、教えてくれてありがとうございます!





満足し、鮎川をあとにします。
このあとは女川へ行くため、来たルートとは別のルートを使って、いざ女川へ。




穴子丼のあの味を思い出しながら1時間ほど走り、着いた場所は




小網倉浜。




あれ?
何でだろう?
来た時は小網倉から鮎川まで15分ほどで着いたのに…。



完全に道間違えました。



自分への悔しさを押し殺し、再び女川へ向かいます。
目的は、そう、「おかせい」さん。前回の「トモ食い」では、営業が終了してしまい食べられなかった「海鮮丼改め女川丼」を食べに。
リベンジです!



はたして、女川にはたどり着くのでしょうか?そして、女川丼は食べられるのでしょうか?



つづく
15 : 19 : 05 | 田口智也 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<第二回『トモ食い~石巻を食べ歩き~』その3 | ホーム | 第二回『トモ食い~石巻を食べ歩き~』その1>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ishinomakitime.blog.fc2.com/tb.php/331-2f26f745
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

ishinomakitime

Author:ishinomakitime
(左)福島カツシゲ
(中)田口智也
(右)石倉良信

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

福島カツシゲ (264)
石倉良信 (23)
田口智也 (212)
斉藤直樹 (10)
STAFF (2)
未分類 (17)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。