fc2ブログ

そして、石巻へ。2

女川から鹿立浜への道中、あづさんが変身したものとは……




そう!荒波牡蠣!
牡蠣女誕生!


鹿立浜に到着し、大将・石森さんとご対面。

石森さん、大爆笑!
見てもらえて良かったですね!


そのあと、みんなで談話室に上がらせてもらい、お茶を。
7878_429711990469563_142372571_n.jpg
この時間がとても楽しくて、あっという間に時間は過ぎていきます。




別れを惜しみながら鹿立浜を後にし、渡波の牡蠣小屋へと向かいます。



ここでは、獲れたて牡蠣を炭火で焼いて食べられます。



石倉さんは、焼かれた牡蠣から飛んだ汁がかかり「あつつつつ!」、そしてシゲさんの飲み物をこぼして怒られ、また牡蠣の汁攻撃を受け

でも楽しそう!



そして焼き上がった牡蠣を



美味しそうに食べてました!




牡蠣を美味しくいただいた後は、日和山公園へ。



それぞれが日和山からの景色を眺め、思う。



日が傾き始めた頃、車に乗り込むとシゲさんが「トヤケ森山に行こう!」と言い、運転を始めました。日和山からトヤケ森山までは30分ほどでしょうか。シゲさんの「トヤケ森山からの夕日を見せたい」という思いから、車がドンドン進んでいきます。もちろん、法定速度は守ってますし、安全運転です。
日がだいぶ落ちてきた頃、一般道から舗装されていない山道へ入ると、シゲさん


無言。


座っている僕らも浮き上がってしまうぐらいのガタガタ道でも、スピードを落とさず


無言。

力強くハンドルを握り、向かうは頂。そのラストスパート感は凄まじかった!
駐車場に到着。車を降り、そこからは走って山頂を目指します。

そして登頂!
そこから見えたのは





絶景!
とてもキレイな、あたたかな夕日でした。
ただ、田口はたそがれる前に呼吸を整えるのに必死でした。




この日は、長期で活動していたシゲさんだからこそ知っているスーパーガイドで、地域の事や当時の事など色々な話を聞きながら石巻を回らせてもらい、出会い、再会もあり、いい一日を過ごせました。




夜、みんなでご飯を食べていると石倉さん。

充実した1日を振り返りながら、一足お先に気持ち良く就寝。



そして最後は

店員さんに起こされるのでした。。。


つづく。
16 : 44 : 06 | 田口智也 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<東京公演打ち合わせ | ホーム | そして、石巻へ。1>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ishinomakitime.blog.fc2.com/tb.php/380-ac11db2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

ishinomakitime

Author:ishinomakitime
(左)福島カツシゲ
(中)田口智也
(右)石倉良信

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

福島カツシゲ (264)
石倉良信 (23)
田口智也 (232)
斉藤直樹 (10)
STAFF (2)
未分類 (17)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR