スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

第5回『トモ食い』その2

車がカーブに差し掛かる度にカーナビを手で押さえ、何とか目的地に到着。


着いた先は

飯野川にある「亀鶴食堂」さん。
(石巻市相野谷字飯野川町171)

外観は見た目古く歴史を感じますね。
昭和15年創業らしいです!
建物の両サイドには広めの駐車場があるので、お車でお越しでも安心して停められます。

営業時間が11時からで、10時50分にお店に着いたので外で待っていたら、お店のお母さんが「どうぞ~もういいですよ~」と入れてくれました。また人のあたたかさに触れ、嬉しくなりました。

店内に入ると

ザ・食堂といった感じ。
またこのレトロ感がいいですね。

こちらのオススメは

サバだしラーメン!
美味しそうでしょ~!
サバの頭と中骨から身を取り出して、時間をかけて丁寧に作ったサバ節を使っているそうです。


うんうんうん!いい!うまい!
サバの臭みが全く無く、あっさりしていて、でもコクがある、大量のネギや揚げたニンニクがアクセントになっていて、どこか懐かしさも感じる、最後まで飽きのこないラーメンです。

そしてコレ!

サバのつみれ。
これは少々濃い味付けになっています。一口で一気に食べるとちょっとしょっぱいと感じるかもしれませんね。
例えば・・・始めはそのままラーメンを食べて、残ったスープにこのつみれを混ぜて、そこにライスを入れて食べたらどうでしょう?あっさりスープに濃い目のつみれが調和し、ライスにその極上スープが染み込むんです。ね?うまそうでしょ?
是非試してみて下さい^^


サバだしラーメン、ぺろりといただきました!
ちなみにこちらの亀鶴食堂さんは、ソースカツ丼も人気らしいです。
いつか開催する丼特集の時にでも食べたいと思います^^



次に向かったのは

「松原荘」さん。
(石巻市大森字的場53-5)

朝、日和キッチンでお会いした方、木下さんのお店です。こちら、なんと先程の亀鶴食堂から10分もかからない場所にありました。
松原荘さんは、震災前は長面海岸で旅館を営業していて、震災後は和食料理店として再開されたそうです。

店内は落ち着いた雰囲気で清潔感があります。予約が入っていたみたいで、厨房ではみなさん、あわただしく料理を作られていました。
お声をかけてみると、朝の私服とは違うビシッと板前さんの格好をした木下さんがお忙しい中、店内まで出てきてくれて4時間ぶりの再会!
笑顔で「ありがとうございます!」と言っていただき、テーブルに案内されました。
オススメはお刺身定食とのことなので、注文。


店内には、旅館をされていた時の看板がありました。どなたかのブログを読んで知った事ですが、この看板は元の旅館から4㎞離れた場所で木下さんが偶然見つけたそうです。今も大事に店内に飾られています。


数分後

お刺身定食登場!
いやー!色鮮やか!まず目で楽しませてくれます。
早速いてだいてみると・・・
お~いしい!獲れたて新鮮!
金華サバ、カツオ、ウニ、とびこ、アジ、もうどれもおいしくて!そして、お米もおいしい!
あっという間にいただいちゃいました!




木下さん!ありがとうございました!また食べに来ます!




ちょっと甘いものを食べたくなったので、あそこへ行ってみる事にしました。
そう!平和堂のボストンパイ!
6月の訪問の時も、その前の訪問の時も臨時休業で食べられませんでした。
果たして今日は営業しているのでしょうか!



つづく。
17 : 13 : 48 | 田口智也 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<第5回『トモ食い』その3 | ホーム | 第5回『トモ食い』その1>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ishinomakitime.blog.fc2.com/tb.php/387-492dc9b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

ishinomakitime

Author:ishinomakitime
(左)福島カツシゲ
(中)田口智也
(右)石倉良信

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

福島カツシゲ (264)
石倉良信 (23)
田口智也 (212)
斉藤直樹 (10)
STAFF (2)
未分類 (17)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。