スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

鹿児島再演その2

鹿児島公演本番当日

朝からあいにくの雨模様ですが、テンション高めで会場入りし早速仕込みに入ります。






照明・音響・舞台監督のスタッフさんたちは、初めての会場にもかかわらず、ドンドン仕込みが進んでいきます。そして、本番はJCの例会という、今までに無いイレギュラーな進行になりますが、それでも臨機応変に対応されていました。





ステージの仕込みの合間には、楽屋前で稽古。


稽古もひと段落すると、苔役者は

会場の周りの苔を採取し、自分の苔リングに入れてました。



仕込みが終わり、場当たりを終えると、吉俣さんが会場に入られサウンドチェックをします。

今回は、芝居の最後のスライドで弾いていただく「添歩み(そゆみ)」の後に、石巻で活動する鈴木省一さんが2013年元旦から撮り続けている「いしのまきのあさ」のスライドと共に「音涯(ねがい)」を弾いていただきました。吉俣さんは、そのスライドを見ながら、一音一音、心を込めて演奏されていました。






そしていよいよ本番。
はじめにJCの若松委員長が、今回の公演の趣旨説明をします。想いを込めて言葉のひとつひとつを丁寧に、時に熱く発し、公演を行う経緯を話す若松さんの声を聞いて、舞台袖でスタンバイしていた僕たちはグっときました。


会場はほぼ満席。
会場には熊本八代公演の実行委員長・中村章二さん、副委員長の蓑田晃史さん、そして群馬公演にも観に来てくれた上野聡美ちゃんの顔ぶれが!聡美ちゃんはまさかの最前列^^

章二さん(右)は前回の鹿児島での公演を観てくれて、「八代の人にも観てもらいたい!」と、実行委員を立ち上げ、自ら実行委員長になり八代につなげてくれました。蓑田さん(いちばん奥)は副委員長として章二さんを支え、そして八代公演を盛り上げてくれました。聡美ちゃん(石倉さんの右)は当時学生でしたが、実家から車で1時間かけて八代まで行き来し、宣伝、準備にと手伝ってくれました。
こうして、関わってくれた実行委員の皆さんがまた応援に駆け付けてくれるというのがとてもうれしかったです。
ありがとうございました!


ちなみに聡美ちゃん、この日もバラシのお手伝いをしてくれました!




鹿児島の地で再び公演をさせていただき、本当に沢山の方が観に来てくれました。



鹿児島で2度も公演をさせてもらえたのは、やはり最初に吉俣さんが「鹿児島でやろう」と言っていただいた、あの後押しがあったからだと思います。吉俣さんの故郷・鹿児島の地で吉俣さんの奏でるメロディーと共に、この作品を伝えることができました。


そして、若松委員長はじめ、鹿児島JCの皆さん、多大なるご協力、本当にありがとうございました!
1901818_603977779699298_5154585712967650986_n.jpg





田口智也

01 : 39 : 58 | 田口智也 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<久しぶりのボランティア活動 | ホーム | 鹿児島再演その1>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ishinomakitime.blog.fc2.com/tb.php/427-ae5e3aa1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

ishinomakitime

Author:ishinomakitime
(左)福島カツシゲ
(中)田口智也
(右)石倉良信

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

福島カツシゲ (264)
石倉良信 (23)
田口智也 (212)
斉藤直樹 (10)
STAFF (2)
未分類 (17)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。