スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

函館公演その1

みなさん、こんにちは!田口です。

3月のSMBC公演から早2ヶ月。5月12日に北海道函館市で公演が行われました。今回は函館商業高校の芸術鑑賞会として、生徒さんや先生に観ていただける事になりました。東日本大震災時、小学生や中学生だった生徒さんたちが、5年が経った今、多感な時期にどう感じてもらえるのか、そして普段生徒と一番近くにいる先生たちがどう感じ、どう伝えていってくれるのか。そして、4月には熊本、大分での震災がありました。いろんな思いがこもった公演となりました。




函館入り前。東京で稽古が行われました。全国で公演をさせていただく際、事前に必ず稽古を行います。思い出し稽古ではなく、時間が経ち、それぞれがそれぞれで石巻に関わり、時を過ごしてきての稽古です。少しずつ芝居も変化していきます。

この日、石倉さんのシーンの稽古を終えるとシゲさんが
「芝居変わった?良くなったやん」
すると石倉さんは
「あ、間違えただけです。」

シゲさんが崩れ落ちました。



そんな不安(?)を抱えながら

いざ、函館へ!


今回の会場

函館市芸術ホール。



上からだとこんな感じ。



大きいホールです。



楽屋も広い。



北海道での公演の時は、毎回、富良野演劇工場のスタッフさん4人が協力をしてくださいます。
キャスト、スタッフ合わせて平均年齢50歳の男7人。名付けて「劇団日没」。
昨年9月の小平町、洞爺湖町公演で結成されすぐ解散。12月の当麻町公演で再結成も、またもや再解散。
そして今回、函館に於いて再々結成されました。


ここで劇団員紹介!

何かあったら俺を呼べ!舞台監督、九さん!!



俺の明かりはパワースポット!照明、広瀬さん!!



客の心に響かせる!音響、淳さん!!



北海道は俺の庭だ!制作、太田工場長!!


そんな頼もしいスーパースタッフがあっという間に舞台を作っていきます。




僕も小道具の整理をして、楽屋へ戻ったら

僕の鏡前に部屋が出来てた!



広い楽屋の片隅に、自宅と同じぐらいの部屋が!



こうなってたのが



こうなった。
冷蔵庫やらロッカーやら空気清浄機まで。先輩二人の仕業です。



楽屋in楽屋。大物俳優感満載。



お隣さんは石倉氏、畳のお部屋で単身赴任。





そんな事している間に、スーパースタッフのみなさんが舞台を完成させてくれました。




そして、稽古前に「劇団日没」劇団員全員で食事。




今回の公演を実現してくださった武田理恵先生から函館の人気ハンバーガー「ラッキーピエロ」の差し入れをいただきました!




お腹も心も満たされ、稽古の開始です!




あれ?こんなシーンあったかな?



さぁ、いよいよ明日は本番です!



15 : 34 : 40 | 田口智也 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<函館公演その2 | ホーム | 食事編>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ishinomakitime.blog.fc2.com/tb.php/527-5e03507f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

ishinomakitime

Author:ishinomakitime
(左)福島カツシゲ
(中)田口智也
(右)石倉良信

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

福島カツシゲ (264)
石倉良信 (23)
田口智也 (214)
斉藤直樹 (10)
STAFF (2)
未分類 (17)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。