スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

石巻へ行ってきました。

お久しぶりの田口です。

2017年3月11日。
震災から6年が経ちました。今もまだ12万3168人(2017年2月現在)の方が避難生活を余儀なくされております。そして、まだまだ現状から抜け出せない状況の方々がたくさんいらっしゃいます。一日でも早く、最後の一人が元の生活に戻れる日が来ることを祈って信じています。



昨日、石巻へ行ってきました。今回は新幹線で。

AM6:00
朝日を浴びながら
1.jpg
東京発の新幹線に乗り、在来線を乗り継ぎ、3時間20分。


AM9:20
2.jpg

4.jpg
石巻到着。キーンと肌寒さはあるものの、気持ちのいい天気です。


レンタカーを借りて出発。
29.jpg
石巻で車に乗るときはラジオをかけます。ラジオを聞いていると、東京では聞けない石巻の話や、石巻の人たちの声が聞けます。


まずは石ノ森萬画館へ向かいます。
10.jpg


こちらでは、石巻に活動を移し石巻に根を張った写真家4人の写真展「つづく展」が開催されていました。
13.jpg

14.jpg



ストレートに、時に抽象的に幻想的に、石巻に住む人々を撮り続けている古里裕美さん
15.jpg


毎朝、夜明け前の青く光る風景の瞬間を撮り続けている鈴木省一さん
18.jpg


震災前の何気ない日常を、生活を、風景を15年に渡り撮り続けている渡邊裕紀さん
22.jpg


嫁や子供も知らない漁師の職場である海の船上で、男たちのプライドを撮り続けている平井慶祐さん
25.jpg

4人それぞれの想いがギュッと詰まった写真展でした。



省一さんの写真「いしのまきのあさ」は「イシノマキにいた時間」の公演や、全国各地での写真展で何度も見ていますが、今回はキャプションほぼありませんでした。そのことを省一さんに聞いてみると「石巻で写真展をやる際に、地元の方や全国から来られる方、たくさんの方が足を運んでくれるので、写真に自分の思いや考えを載せるより、見てもらった方のそれぞれの思いで見てほしい。」とおっしゃっていました。箱根や全国で行われた写真展とはまた違った思いでの写真展だそうです。


21.jpg

20.jpg
壁一面に飾られた印象的な写真の数々は2013年1月から撮り続けた写真ですが、写真展開催中も毎日その日の朝に撮った写真を加えていたそうです。まさに「つづく」なのです。



と、その時会場で声をかけていただいたんです。
「私、北九州で【イシノマキにいた時間】を見ました。今日は北九州から来ました。」と、娘さんとお母さん親子で石巻に来られたそうです。
さらに「私、昨年のSMBCの公演を仙台から見に行きました。」と、こちらはご夫婦で石巻に来られていました。

2組とも、石巻に思いを寄せ、石巻まで足を運ばれたそうです。舞台を見ていただいた方に、石巻で会えてとても嬉しかったです。ありがとうございました!




その後、僕は萬画館を後にし、女川、雄勝へ向かいました。
38.jpg
おなじみ洸洋さんでお食事を。

3月11日でも勿論営業されており、いらっしゃいませ!と元気に迎えてくれました。
37.jpg
上山さんと江利子さん、奥ではお母さんも元気に忙しくお仕事されています。

待ちに待った昼食。
35.jpg
ドカンと洸洋丼です!!新鮮な魚介がまぶしいですわ!さすが洸洋さん!さすが雄勝!


お店は客足が途絶えない盛況ぶり。でも14時46分には手を止め、海へ移動します。
36.jpg
サイレンの音と共に黙とう。

1分間の黙とうを終えると再び、お店へ戻りお仕事です。




僕はこの後、移動してキッチンじゃがいもさんへ向かいました。
45.jpg
半年ぶりに再会したお母さんは「わーいらっしゃい!」と満面の笑みで迎えてくれました。
震災当時のお話や、今の状況、そして、ちょっと踏み込んだ(笑)日本のことなど、ゆったりとした時間が流れる中、お母さんと色々お話ができました。

今回はまだいただいたことの無い
46.jpg
あさりのスパゲッティ。丁寧に作られたスパゲッティはとっても優しい味でした。
あ、お母さんはあまり写真がお好きじゃないようなので、ご本人は撮りませんでした。




3月11日、石巻では、仕事を休み追悼やそれぞれの時間を過ごす方がいる一方、いつもの生活を送り、いつものように仕事をされる方もいらっしゃり、さまざまな過ごし方をされていました。

まだまだ、問題もたくさんありますが、希望もあり、夢もあります。
心を寄り添っていきたいと思います。



田口智也



17 : 37 : 16 | 田口智也 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 鈴木省一写真館 南富良野町>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ishinomakitime.blog.fc2.com/tb.php/547-fe2bb75e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

ishinomakitime

Author:ishinomakitime
(左)福島カツシゲ
(中)田口智也
(右)石倉良信

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

福島カツシゲ (264)
石倉良信 (23)
田口智也 (212)
斉藤直樹 (10)
STAFF (2)
未分類 (17)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。