FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

西日本豪雨

西日本の広範囲に渡り甚大な被害をもたらした西日本豪雨。

自分の信頼するピースボート災害ボランティアセンターのスタッフのみなさんが、特に被害の多かった岡山県倉敷市で支援活動を行っています。
PBVホームページ
「イシノマキにいた時間」メンバーのシゲさんも現地入りし、活動を行い報告をされています。
シゲさんブログ

そして僕も今回短期間ですが、倉敷へ行ってきました。
今年は近年稀にみる猛暑で、ボランティアの方々の活動を妨げる暑さが続いています。暑さとの戦いです。僕も倉敷入りする前には、シゲさんや信頼できるSNSから情報を得て、熱中症には特に気を付けないとと、念には念を入れて準備をしていきました。



朝8:30に新倉敷駅からのシャトルバスに乗って、倉敷市災害ボランティアセンターへ向かいます。
2_20180728000256c55.jpg

3_201807280002588d5.jpg
ボランティアセンターに到着すると、今日一緒に活動するチームを作ります。今回の僕たちのチームは、年輩の方2人と僕と同じ年代の人2人、そして僕、という5人1組の構成になりました。何度かボランティアに来られている年輩の方の1人がすすんでリーダーになってくれて、僕は活動時間20分と休憩時間10分を計るタイムキーパーをやることになりました。

ここでスタッフから活動の諸注意と熱中症に関する説明がありました。特にこの暑さに対しては「暑さと戦わないでください」という言葉が。そうか、この暑さと戦っちゃいけないんだ。ついつい暑さに負けないようにしようとしていましたが、そうじゃないんだ、むしろ、うまく付き合っていかなければいけないんだ、と思わせてくれました。

【イシノマキにいた時間】のヤスさんの言葉にもありました。
「ヒトシくん(田口)が倒れると、活動が中断するだけじゃなくて、地元の人にも迷惑をかけるし、もし熱中症にでもなって病院に運ばれたら地元の人が使えるベッドが1つ減るんだからね。いい?ヒトシくん」

ボランティアは自己管理の徹底が不可欠なのです。



準備が終わるとバスに乗りボランティアセンターサテライトの真備町箭田(やた)へ向かいます。
4_20180728000306fdc.jpg
ここでリーダーではない方の年輩の方が「私ボランティア初めてで、何もできないかもしれないけど」と。聞けば地元岡山の方で、地元が大変な事になってるから何かしたい、との思いで参加されたそうです。


15_2018072800040664a.jpg
豪雨により決壊してしまった小田川の堤防。自然の恐ろしさを物語っています。



バスがサテライト箭田に到着。
6_2018072800033836c.jpg

5_201807280002516db.jpg
そこには、僕の地元・栃木県小山市からも団体で来られていました。小山市も3年前の大雨で思川が氾濫し、大きな水害に見舞われました。(当時のブログ→大雨災害)この時も全国からボランティアの方たちが駆けつけてくれました。



ここからは徒歩でお伺いするお宅へ向かいます。ここでもう1組、高校生を中心としたチームと合同で活動することになりました。
11.png
地元の高校に通う3年生の野球部と女子マネージャー。野球が終わったからと、率先して参加されたそうです。


今回お伺いしたのは、バイクの工場兼ご自宅のお宅。ご主人は不在で奥様一人で出迎えてくれました。
外には浸水した家具や生活用品などが出されていました。
8_201807280003485a3.jpg
(家主の方へのご配慮で、建物内の写真は撮りませんでした。)

奥様に状況をお聞きし、入らせていただく場所の説明を受け、活動開始です。今回は家財道具の運び出しと泥出し。



10_201807280003405f2.jpg
開始すぐに大量の汗が出てきました。シゲさんが言う「3リットルの水飲んでも6リットルの汗が出るよ」を、身を持って体験。

20分活動したら10分休憩を取る。女子高生もいれば年輩の方もいます。体力も違います。僕も体力には自信が無いです。だからこそ、自己管理もしながらチーム全員で少しずつ少しずつ進めていかなければなりません。決してルールを無視して身勝手な行動をしてはいけないのです。(残念ながら今回、そのような方が一人いらっしゃいました。)

活動時間は10:00~14:00。限られた時間での活動です。

この日だけでは終えることは出来ませんでした。でも次、こちらに来たボランティアが必ず引き継いでくださいます。奥様にはそうお伝えしてお宅を後にしました。

翌日から3日間、台風の影響によりボランティア活動は休止になってしまいました。浸水により建物がズレてしまい、扉が閉められなくなっていました。台風の接近がとても心配です。



自分の出来る事はほんの少しだけでした。でも「1人の100歩より100人の1歩」が大事なんだと思います。これから長期的な支援が続きます。僕も引き続きお手伝いに行ければと思っています。今自分に出来る事を考えている方に届いてほしいと思います。

そして信頼できるボランティアの先輩方の発信を常に受け取れるようにしていきましょう。



田口智也
01 : 32 : 22 | 田口智也 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | ニューイヤークルーズ洋上公演その2>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ishinomakitime.blog.fc2.com/tb.php/550-d5daa605
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

ishinomakitime

Author:ishinomakitime
(左)福島カツシゲ
(中)田口智也
(右)石倉良信

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

福島カツシゲ (264)
石倉良信 (23)
田口智也 (215)
斉藤直樹 (10)
STAFF (2)
未分類 (17)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。